世界各国《原油埋蔵量》ランキング

目次|メニュー




世界各国《原油埋蔵量》ランキング

世界各国《原油埋蔵量》ランキング

原油の埋蔵量の多い国をランキングで紹介しています。 総務省統計局2016のデータをから抽出した最新版です。 石油や原油といえば中東が有名ですが、日本の地下にも石油はあるのでしょうか? 日本は何位にランキングされているでしょうか?

石油と原油の違いは?

石油は、海底に堆積したプランクトンなどの生物の死骸が何億年もかけて、バクテリアや熱によって分解されてできた液状の物質のことです。それに対して原油は、石油を地中から採取したままの、天然の状態のことをいいます。

原油はそのままだと不純物が多く燃焼が安定しないため、製油所で精製し、灯油やガソリンなどの石油製品にします。

世界の原油埋蔵量ランキング

順位国(地域)原油埋蔵量(百万t)
サウジアラビア36,201
ベネズエラ28,780
イラン20,624
イラク15,686
クウェート13,845
アラブ首長国連邦13,340
ロシア8,184
リビア6,424
ナイジェリア5,074
アメリカ合衆国4,215
カザフスタン4,092
カタール3,465
アルジェリア3,170
中国2,789
ブラジル2,053
メキシコ1,367
インド777
ノルウェー726
カナダ678
エジプト600
インドネシア532
ガボン505
オーストラリア450
イギリス382
アルゼンチン355
コロンビア260
デンマーク111
ウズベキスタン81
ペルー79
ウクライナ54
トルコ43
ドイツ21
ニュージーランド20
スペイン20
ポーランド16
フランス b14
セルビア11
日本8
ハンガリー5
南アフリカ2
モンゴル2
チェコ2

出典:総務省統計局「世界の統計 2016」より作成

やはりサウジアラビアなどの中東エリアが上位を独占しているようですね。他にも石油が採れる国としてロシアも有名です。 少しですが日本の地下にも原油があるようですね。