中学社会の学習まとめ一覧|日本史・世界史・地理・国際


社会『日本史』の学習一覧

社会『日本史』の学習一覧

社会の学習について

中学受験の社会の問題は有名私立高校や国立高校のレベルであったり、センター試験の様な難しい難問にドキリとするようなことはあまりないでしょう。しかし、 社会の勉強となると、地理・歴史・日本史・世界史・現代社会・公民といった幅広い学習内容が必須。そして、中学1年から中学3年の問題の範囲も、どれだけ重要な要点をまとめて覚えることが出来るかが、先々の受験を考えると社会という科目も、攻略のポイントの一つのカギと言えます。

日本史や世界史という勉強は分けて考えるのではなく、日本と世界の時代背景をまとめていくことで理解しやすい勉強にもなります。戦国時代の織田信長は世界進出する野望があったのでしょうが、なぜ世界進出までも視野に入れていたのでしょうか?歴史の背景を考えるとより深みがあります。

例えそれが叶わなかったとしても、明治時代には鎖国も終わり、世界との交流が始まります。

そして、現代の日本社会の発展の変革が起きたのは、世界2次大戦の歴史的大敗以降に、他の国を圧倒するような経済発展や法律の改正で日本は成長していきます。こういった時代背景の過程で現代の日本や世界の社会が発展し、歴史的な問題も起こります。

また、日本と世界の接点が生まれた時から、日本の技術力や経済力の発展は、時代背景を知ることで、より世界の歴史と日本の歴史を照らし合わせていくだけことで、より深い社会の理解力にもなります。国々の文化や地図や時代の流れを感じる事をしていくもできるのが社会勉強の魅力です。

学校の授業や学習塾といった勉強時間は、分からない事があれば教えてくれる先生がいますが。家庭での勉強方法は、教科書や国語辞・広辞苑などをめくりながら、参考書やドリルを解くだけではありません。

現代社会では自主学習の家庭学習方法の幅は広がり、インターネットやスマートフォンを使用して、かんたん問題集や私立校の過去問題プリントを配布している情報サイトや、無料勉強アプリや勉強ゲームなどを使うことで、効率の良い勉強方法を取り入れる事が可能となっています。

そして、東京・神奈川や大阪・京都と言った進学校を保有する地域の中学校を受験するのであれば倍率も高いでしょう。そのため、取りこぼしのない覚え方や勉強法も必要と言えるでしょう。確実に目標を立てる事が成功にも近づくことでしょう。

社会の問題は国語に出てくる近代文学史の文豪も数多いため、総合的科目にも繋がる要点もあるため、年号は語呂合わせで覚えたり、文学に精通する偉人の書籍なども一問一答でまとめる事で、他科目の取りこぼしも減る事でしょう。

日本史 一覧

Loading...

日本史まとめ 一覧

地理 一覧

Loading...

国際関係 一覧

世界の歴史 一覧

世界史 一覧

政治経済 一覧