《和風月名》新暦・旧暦の一覧表と覚え方

目次|メニュー




新暦・旧暦の説明と「和風月名」の一覧表

新暦・旧暦の説明と「和風月名」の一覧表

和風月名(わふうげつめい)と呼ばれる月の和風の呼び名は、1873年1月1日(明治6年)に現在と同じグレゴリオ暦が導入されるまで旧暦で使用されていました。

現在でいう「1月」「2月」「3月」はグレゴリオ暦という暦法で新暦として使われています

和風月名は旧暦の季節や行事に合わせて使用されていましたが現在使われている新暦とは1~2ヶ月ほどのずれがあります。例えば、「水無月」は6月のことを指しますが、実際は6月下旬 ~ 8月上旬頃の」ことを指します。

下記に和風月名と読み方をまとめて一覧にしたのでご覧ください。

また、覚え方としてはリズムにのせて覚えるのがいいと思います。
語呂合わせもいいのと思いますが下の文章をリズムにのせて呼んでみてください。
五七五(正確には七五七七ですが)っぽい感じで読むと簡単に覚えられます。

『むつきさやよい うづさつき みなふみはずき ながかんしし』

和風月名読み方
1月睦月むつき
2月如月きさらぎ
3月弥生やよい
4月卯月うづき
5月皐月さつき
6月水無月みなづき
7月文月ふみづき
8月葉月はづき
9月長月ながづき
10月神無月かんなづき
11月霜月しもつき
12月師走しわす