Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

be動詞8種類一覧と使い方【英語】現在・過去・疑問・命令・短縮形

be動詞 一覧 と使い方【英語】現在・過去・疑問・短縮形 英語
be動詞 一覧 と使い方【英語】現在・過去・疑問・短縮形

英語を学習する際の最初の文法として「be動詞の使い方」があります。

 

be動詞にはいくつかの形があり、

be / am / are / is / was / were / been / being

これら8つ、全てbe動詞です。

 

英語は《主語+動詞》を中心に成り立つ言語です。

「動詞」は「~する」のように、人や物の動きを表します。「食べる」や「走る」などの動作の他にも「~だ・である」とか、「~にある」といった様子や状態などを表すこともできます。

動詞の中でもbe動詞は、大きく「状態(様子)」「所在(存在)」を表します。

 

例えば:

I am happy.
「私は幸せです」

be動詞 は「am」で「私は幸せという状態」を表しています。

 

John is in his room.
「ジョンは彼の部屋にいます」

be動詞 は「is」で 「ジョンは部屋にいるという所在」を表しています。
このように、be動詞は「主語がどのような状態か」「主語がどこにいるか(あるか)」ということを表すときに用いる動詞というように理解しておきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

be動詞の意味

普通の動詞は「eat=食べる」「have=持つ」のような意味がありますが、『be動詞』はどうでしょう?

be動詞にも意味があり、「状態」「所在」を表すので、文脈によって変化します。be動詞は様々な場面で用いられ、状況ごとに変わってきます。

例えば
「I am happy.」の場合:

「私は幸せな状態にある」=「私は幸せだ」

となります。

 

be動詞の一般動詞との違い

be動詞の一般動詞との違いのひとつに

「否定文・疑問文を作ることができる」ことがあります。

普通の動詞で否定文・疑問文を作る時は、「Do」や「Does」を使い

否定文の時はさらに「not」がついてその後に動詞が続きます。

それに対してbe動詞は、単独で否定文・疑問文を作ることができます。

 

例えば:

「I am not happy.」

「Are you happy?」

のようになります。

 

【主語と時制によるbe動詞の変化 早見表】

be動詞は、主語や時制によって形が変わるのでの注意しましょう。

人称主語現在形過去形
1人称単数Iamwas
2人称単数youarewere
3人称単数he

it

John など

iswas
1人称複数wearewere
2人称複数youarewere
3人称複数they

these

boys など

arewere

 

【主語と時制によるbe動詞の変化表 簡易版】

主語現在形過去形
Iamwas
youarewere
I ・ you 以外の単数iswas
I ・ you 以外の複数arewere

 

【be動詞+notの短縮形と発音 一覧】

元の形短縮形発音
am not
are notaren’tアント
is notisn’tイズント
was notwasn’tワズント
were notweren’tワント

 

【主語+be動詞の短縮形と発音 一覧】

元の形短縮形発音
I amI’mアイム
we arewe’reウイア
you areyou’reユア
he ishe’sヒズ
she isshe’sシズ
they arethey’reゼア

 

主語+be動詞の短縮形の発音は、現在形のみで使用し、過去形では使用できません。

be動詞の命令文

 

「命令文」とは、相手に命令するときに使う文章です。

be動詞は「状態」と「存在」を表すので、「~という状態でありなさい」という意味になります。

be動詞の命令文は、原形である「be を文頭に持ってくる」ことで作ります。

例えば:

「Be quiet! = 静かにしなさい!」

というようになり、基本的に主語がありません。

 

 

以上、『』を紹介しました。

be動詞は、大きく「状態(様子)」「所在(存在)」を表します。

be動詞は、 “be” をもともとの形(原形)として、それ以外の7つの形に変化することができるというように覚えましょう。

また、be動詞は 一般動詞との違いは単独で否定文や疑問文を作れます。

コメント