簡単シンプル!『てこ』の問題の公式と解き方|中学受験

目次|メニュー




てこの原理の基本公式について学びましょう。

てこのつり合いに関する問題は、おもりの数が多かったり、支点が棒の中央になかったり、棒に重さがあったりなどの多くのパターンがあります。

基本公式は1つだけですが、これを利用して応用問題に挑戦し、しっかりと理解を深めていきましょう。

てこの原理の公式

おもりの重さ × 支点までの距離 = おもりの重さ × 支点までの距離

これが 釣り合っている状態です。

この公式を下の図で解説すると、

テコの原理問題解き方

A × a = B × b

…となります。

例題

図のてこはつり合っています。おもりAは何gですか。ただし、棒の重さは考えないものとします。

テコの原理の問題と解き方と公式

公式に当てはめて計算してみましょう。

A × a = B × b
おもりの重さ × 支点までの距離 = おもりの重さ × 支点までの距離

A × 20 = 50 × 60

A = 3000 ÷ 20 = 150

答え:150g

テコの原理の基本となる公式ですのでしっかり覚えて応用問題に挑戦しましょう。

自宅でできる《おすすめ》学習教材 中学受験編
ドラゼミドラゼミで学力アップ

年中の幼児から小学6年生を対象とした、小学館の通信添削学習です。

スタディサプリ
月額980円(税抜)/テキスト代無料

オンライン学習サービスです。

こどもちゃれんじ