スポンサーリンク
スポンサーリンク

国によって違う英語での日付、時刻、曜日、年の順番と書き方

国によって違う《英語の日付》の書き方・覚え方 英語
国によって違う《英語の日付》の書き方・覚え方
スポンサーリンク

英語での日付表記について

 

英語での日付の書き方を紹介します。

英語圏での日付の表記の仕方は、日本とは年月日の順番が違います。
また、日付の表記には、『アメリカ式表記』と『イギリス式表記』の二通りがあるので注意しなければなりません。

日本では日付を年→月→日という順で表記しますが、アメリカでは、月→日→年という順になり、イギリスでは日→月→年という順になります。

それぞれ度の国で使われているかというと、

 

アメリカ式表記:

アメリカ・カナダ

 

イギリス式表記:

イギリス・オーストラリア・ニュージーランド・アイルランド・カナダ

 

カナダはちょっと特殊で、日本のような年月日の書き方もします。

それでは、実際の書き方を見ていきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

英語の日付の表記方法

例:2017年10月25日の英語表記

『/』(スラッシュ)で日付を区切る時以外は、月と日はセットとして扱いますので、日+月もしくは月+日の後にコンマをつけることに注意してください。

 

『アメリカ式表記』の順番と書き方

順番 = 月 + 日 + 年

10/25/2017
October 25, 2017
Oct. 25, 2017
Oct. 25, 2017

 

『イギリス式表記』の順番と書き方

順番 = 日 + 月 + 年

25/10/2017
25 October, 2017
25 Oct., 2017
25th Oct., 2017

 

『曜日』を表記に加える場合

さらに曜日を表記するときは、最初に付けます。

 

アメリカ式表記:
Monday, October 25, 2017
Mon., October 25, 2017

 

イギリス式表記 :
Monday25 October, 2017
Mon., 25 October, 2017

 

月・曜日を短縮形で書く場合は必ずピリオドを付けることと、月の表記は数字よりも月名で書いたほうが間違いが無いと思います。

 

『時間』を表記に加える場合

一般的には、「時刻+曜日+月+日+年」または「曜日+月+日+年+時刻」の順番に並べて表記します。

書き方にはいくつかのパターンがあります。

  • 時刻の手前に「at」を付ける
  • AM / PM(午前/午後)を記載する


Monday, October 25, 2017 at 10:41

Mon., October 25, 2017, 07:08 PM

10:56AM Monday, 25 October, 2017

 

日付の表記順と使っている国

 

年→月→日
日本、中国、韓国、ハンガリー

 

日→月→年
インド、南アジア、ヨーロッパ、オーストラリア

 

月→日→年
アメリカ、ベリーズ

 

年→月→日・日→月→年 (2種類どちらでもOK.)
ネパール, 南アフリカ、 ドイツ

 

日→月→年・月→日→年(2種類どちらでもOK.)
フィリピン、 サウジアラビア

 

年→月→日・日→月→年・月→日→年(3種類どれでもOK.)
カナダ

 

月の短縮形表記

1月 January Jan.
2月 February Feb.
3月 March Mar.
4月 April Apr.
5月 May なし
6月 June なし
7月 July なし
8月 August Aug.
9月 September Sep.
10月 October Oct.
11月 November Nov.
12月 December Dec.

 

曜日の短縮形表記

月曜日 Monday Mon.
火曜日 Tuesday Tue.
水曜日 Wednesday Wed.
木曜日 Thursday Thu.
金曜日 Friday Fri.
土曜日 Saturday Sat.
日曜日 Sunday Sun.

 

まとめ

重要な書類などは、記入欄に DD(日)/MM(月)/YYYY(西暦)やMM/DD/YYYY などと書き方が書いてありますが、これらの表記を表記のルールを覚えておけば海外に行った時に便利ですね。

カテゴリー
スポンサーリンク
 
英語
yattokeをフォローする
Yattoke! – 小・中学生の学習サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました