日付や時間に使う英語の前置詞 一覧

目次|メニュー




時間を表す前置詞「at、on、in」まとめ一覧

時間を表す前置詞「at、on、in」まとめ一覧

“ 時間 ”に使う前置詞 「at, on, in, for, by, until」 の使い分けを整理するためにわかりやすく一覧で紹介していきます。
この6つの前置詞は「時」に使われることが多い前置詞なのですが、使い方で混乱しなように、なるべくシンプルにわかりやすくまとめました。

これらの前置詞は時間、日、曜日、期間、期限などに分けることが出来ますので、この一覧で使い方を覚えてしまえば、もう迷うこともなくなるでしょう。

時間を表す前置詞「at、on、in、for、by、until」一覧

「at」は時間や時に使います

時間や時(午前・午後など)に使います。
at 5 o’clock,
at 10:30
at noon
at the moment

「on」は日や曜日、日付、決まった一日に使います

日にち、曜日などに使います。
on Friday
on 5th
on Friday morning
on 25 July 2018

「in」は月や季節、西暦、世紀、一定期間の時に使います

年、季節、月、日、朝、昼、夜などのうちのまとまった時間(期間)などに使います。
in 2018
in spring,
in May
in the morning
in the evening
ただし、nightは、at night のように at を使います。

「for」は継続した時間などに使います。

継続した時間などに使います。
I was waiting for 3 hours.
私は3時間(継続)待った。

『by』は期限を表す時に使います。

〜時までにという期限を表す時に使います。
It has to be finished by 4 pm.
それは午後4時までには終わらせなければならない。

『until』は継続したという時に使います。

〜時まで継続したという時に使います。
I was sleeping until 10:30.
私は10時半まで寝ていていた。

まとめ

「at」は時間や時に使います

「on」は日や曜日、日付、決まった一日に使います

「in」は月や季節、西暦、世紀、一定期間の時に使います

「for」は継続した時間などに使います。

『by』は期限・限度を表す時に使います。

『until』は継続したという時に使います。

以上 “ 時間 ”に使う前置詞について紹介しました。 時間/日・曜日/期間と考えれば覚えやすいですね。 試験にも「正しい前置詞を選びなさい」のような問題が頻出しますのでしっかり覚えましょう。