日本が承認していない8カ国 一覧

目次|メニュー




日本が承認していない国一覧

日本が承認していない国一覧

日本が承認していない国を紹介します。

国名だけの一覧はこのページの下の方にありますのでお急ぎの方はそちらをご覧ください。

国を構成するためには「領土・国民・主権」が必要ですが、条件を満たしているにもかかわらず、独立を果たすことが出来ていない「未承認国家」がいくつもあり、2018年現在、日本が国家として認めていない国は8カ国あります。

ここでは、1カ国以上の国連加盟国から国家の承認を受けているが、日本国政府からは国家の承認を受けていない「独立国」や「主権実体」をまとめています。

また、過去の非承認国家で現在は国として承認している国も掲載していますのでそちらも合わせてご覧ください。

日本政府が何らかの外交関係を有する未承認国

北朝鮮 (国家名称:朝鮮民主主義人民共和国)

国連加盟国

1948年に独立。1991年に大韓民国(韓国)と同時に国際連合へ加盟。2018年2月の時点で国連加盟192か国のうち164か国が国家承認しており、国際連合加盟国で日本が唯一未承認の国となっている。

パレスチナ・パレスチナ自治政府(国家名称:パレスチナ国)

国連総会オブザーバー国

1988年にPLOが「パレスチナ国」として独立宣言するが、オスロ合意に基づいて1995年にパレスチナ自治区を統治するパレスチナ自治政府が発足。国際連合加盟国ではないが、国連総会オブザーバー国、及びにUNESCO正式加盟国である。2015年11月の時点で、国連加盟193か国のうち136か国が国家承認しており、他34か国と外交関係を結んでいる。
日本政府は将来の承認を予定したパレスチナ自治政府として扱っている。

台湾(中華民国)

国家承認を取り消した元国連加盟国

日本は1952年に中華民国との国交を樹立。
1972年9月29日、日中共同声明により中華人民共和国政府を「中国の唯一の合法政府」と承認して国交を樹立したことに伴い、中華民国政府との国交を断絶。これによって双方の大使館等が閉鎖されたが、その代わりに民間レベルの交流・実務関係を維持するために、日台相互に非政府組織としての連絡機関を設置し、現在に至っている。

日本政府が外交関係を一切有さない未承認国・主権実体

サハラ・アラブ民主共和国

未承認国

1976年に独立宣言。国連加盟193か国のうち、45か国から継続的に国家承認を受けている。
日本政府はサハラ・アラブ民主共和国政府を政府として承認しておらず、両政府間の窓口となる関係機関も設置していない。

アブハジア共和国(ジョージア・アブハジア地域)

未承認国

1992年に独立宣言。国連加盟193か国のうち、4か国から国家承認を受けている。
日本政府は、アブハジア地域をジョージアの一部と認識している為、アブハジア共和国を国家承認せず、政府間の窓口となる関係機関も設置していない。

南オセチア共和国( ジョージア・南オセチア地域)

未承認国

1991年に独立宣言。国連加盟193か国のうち、4か国から国家承認を受けている。
日本政府は、南オセチア地域をジョージアの一部と認識している。その為、南オセチア共和国を国家承認せず、政府間の窓口となる関係機関も設置していない。

北キプロス・トルコ共和国(キプロス北部のトルコ系実効支配地域)

未承認国

1983年に独立宣言。国連加盟193か国のうち、トルコのみから国家承認を受けている。
日本政府は、北キプロスが、キプロス共和国の一部としている為、北キプロス・トルコ共和国を国家承認せず、政府間の窓口となる関係機関も設置していない。

主権実体

マルタ騎士団

1522年からマルタ島を領土としていたが、1798年の領土喪失後はモンテビデオ条約が定める「国家」の資格(領域、住民、政府)を満たさない組織となった。しかし、かつて領土を有していた経緯から「主権実体」として113の国・地域と何らかの関係を有しており、国連でも「国連総会オブザーバーとして参加するために招待を受ける実体あるいは国際組織」の一つとして扱われている。

日本政府から特定の主張を承認されていない国

イスラエル

国家承認はしているが、エルサレムが首都であることは承認していない。

過去の非承認国家

バーレーン バーレーン(1880 – 1971年)
1880年からイギリスの保護国であったが、1971年の独立宣言とともに国家承認。

ブータン(1907 – 1971年)
1910年のプナカ条約でイギリスが外交権を取得して保護下に置き、インド独立以降はインドの保護国であった。1971年9月、日本はブータンの国連加盟の共同提案国となり、黙示の国家承認を行う。

オマーン オマーン(1862 – 1971年)
1862年以降イギリスの保護下にあったが、1971年に保護関係を解消し、日本政府は国家承認を行った。

カタール(1916 – 1971年)
1916年からイギリスの保護国であったが1971年の独立宣言とともに国家承認。

トルーシャル・オマーン(1820 – 1971年)
トルーシャル・オマーンはアブダビ、アジュマーン、ドバイ、フジャイラ、カルバ、ラアス・アル=ハイマ、シャールジャ、ウンム・アル=カイワインの8首長国からなるイギリスの保護国。1971年12月にラアス・アル=ハイマを除く6首長国がアラブ首長国連邦を結成し、同時に国家承認した。

クック諸島(2001 – 2011年)
1965年に自治権を獲得し、ニュージーランドとの自由連合を形成した。2001年の共同宣言において、クック諸島は主権独立国家であると宣言。2011年3月25日に日本政府は国家承認した。

ニウエの旗 ニウエ(1974 – 2015年)
1974年に憲法を制定して自治権を獲得し、ニュージーランドとの自由連合を形成した。日本政府は、2015年5月15日に国家承認した。

まとめ 日本が承認していない国一覧リスト

  1. 北朝鮮 (朝鮮民主主義人民共和国)
  2. パレスチナ・パレスチナ自治政府(国家名称:パレスチナ国)
  3. 台湾(中華民国)
  4. サハラ・アラブ民主共和国
  5. アブハジア共和国(ジョージア・アブハジア地域)
  6. 南オセチア共和国( ジョージア・南オセチア地域)
  7. 北キプロス・トルコ共和国(キプロス北部のトルコ系実効支配地域)
  8. マルタ騎士団