スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の湾・海峡・半島・海流 特徴と要点まとめ – 中学受験・中学試験対策

日本の湾・海峡・半島・海流 特徴と要点まとめ - 中学受験・中学試験対策 地理 - 中学受験

日本の湾・海峡・半島について特徴と要点をまとめて一覧にしました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本の海について

 

日本の海は、水深があさく200m程度で、傾斜のゆるい大陸棚(たいりくだな)が、広がっています。 また、太平洋側の東に、水深が8000mをこえる海溝(かいこう)があります。

日本の海岸線は、 長さ34,000km あります。

日本の海岸線は複雑に入り組んでいるところが多く、岬(みさき)と湾(わん)が くりかえし、海岸線が のこぎり の刃のように、ギザギザと入り組んでいる海岸のことを、リアス式海岸と言います。

東北地方にある岩手県の 三陸海岸(さんりく かいがん) が、リアス式海岸として有名です。

 

日本の湾

海が陸地に入り込んでいるところ。

北海道石狩湾
東北地方陸奥湾
仙台湾
三陸海岸(リアス式海岸)
関東地方東京湾
相模湾
中部地方富山湾
若狭湾(リアス式海岸)
駿河湾
伊勢湾
近畿地方大阪湾
中国地方瀬戸内海
四国地方土佐湾
九州地方鹿児島湾
有明海

日本の海峡

海峡は陸に挟まれて海が狭くなっている部分を指します。

宗谷海峡(そうやかいきょう)北海道
津軽海峡(つがるかいきょう)北海道南端(道南)と本州北端(青森県)の間にある海峡
鳴門海峡(なるとかいきょう)は淡路島(兵庫県南あわじ市)と四国の大毛島・島田島(ともに徳島県鳴門市)の間にある海峡
紀伊水道(きいすいどう)和歌山県、徳島県、兵庫県淡路島によって囲まれる海域。
関門海峡(かんもんかいきょう)本州の山口県下関市と九州の福岡県北九州市を隔てる海峡。

 

日本の半島

陸地が海に突き出ているところ。

北海道知床半島
根室半島
渡島(おしま)半島
東北地方下北半島
津軽半島
男鹿半島
牡鹿半島
関東地方房総半島
三浦半島
中部地方能登半島
伊豆半島
知多半島
渥美半島
近畿地方志摩半島(リアス式海岸)
紀伊半島
丹後半島
中国地方島根半島
四国地方
九州地方国東半島
島原半島
長崎半島
薩摩半島
大隅半島

日本の海流

日本は4つの海で囲まれています。

  1. オホーツク海
  2. 太平洋
  3. 日本海
  4. 東シナ海

海流

一定の温度で、一定の方向に流れる海水の流れのことで、暖流と寒流があります。

 

暖流

周辺の海水よりも高温な海流で、プランクトンが少なく、透明度が高い。

  • 日本海流(黒潮)
  • 対馬海流

 

寒流

周辺の海水よりも低温な海流で、プランクトンが多く、水産資源も多い。

  • 千島海流(親潮)
  • リマン海流

 

潮目

寒流と暖流がぶつかるところ。プランクトンが多く、魚も集まることから、好漁場される。
三陸海岸の沖が代表的。

 

 

以上、『日本の湾・海峡・半島・海流 特徴と要点まとめ』を紹介しました。

ここで紹介した「湾・海峡・半島」は、地図と組み合わせで出題されることが多いので、地図で場所を確認しておきましょう。

また、海流の特徴もしっかり覚えておようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました