スポンサーリンク
スポンサーリンク

『はじき』『みはじ』の法則 《速さ・時間・距離》 簡単な公式の覚え方

算数 - 中学受験

距離・時間・速さの関係で最も解りやすいのが『はじき』の法則と言われているものです。
確かに一回覚えてしまえば あとはこの法則に当てはめるだけで問題が解けてしまいます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじき 速さ・時間・距離の公式

 

基本の公式は以下のようになります。

 

距離速さ × 時間

速さ距離 ÷ 時間

時間距離 ÷ 速さ

 

ただ公式を眺めてもピンときませんので、ヒントを見ていきましょう。

理解するためのヒント

 

車が走る速度を “時速60キロ(60km/h)” と書きますね。
これには計算のヒントが隠されています。

 

単位にある 《km》《h》これは距離と時間を意味しています。

 

km = 距離(キロメートル)

h = 時間(1時間) hは英語で《hour=時間》

 

 

つまり
時速60キロ は1時間に60キロメートル進むことができる速さということになります。

 

速さ60 = 距離(60km) ÷ 時間(1h)

 

 

60km/hなどと表記されている場合『/』は割り算を意味しますので、単位だけ見てみると 速さ = km/h となるのです。

 

さらに覚えやすくするために図を見ていきましょう。

 

図解 『はじき』の法則

さて 『はじき』の法則ですが図に書いてみました。
一目瞭然です!

簡単すぎて一度覚えたらきっと忘れないでしょう。

 

 

円の中にある横の棒は「÷」
円の中にある縦の棒は「×」

 

すると簡単に公式に当てはまります。

 

距離=速さ×時間

速さ=距離÷時間

時間=距離÷速さ

 

さらに詳しく!

このイメージを頭に入れてください。
そう簡単には忘れられませんよね。

まとめ

 

この公式は、知っている人もたくさんいると思いますし、忘れてしまっている人も結構いるのではないでしょうか?

簡単に覚えられるので復習の意味も込めて紹介してみました。

「きはじ」でもいいような気がしますけど… とにかく距離が円の上に来る図を思い出せば問題ありません!
この法則を覚えたら 距離・時間・速さの関係の問題を片っ端から取り組んでみましょう。

 

印刷版もチェック!

速さ・時間・距離『はじき』『みはじ』の法則 |小学生・中学生の無料学習プリント

コメント

  1. […] 時間 = 距離 ÷ 速さ  (公式一覧 はじきの法則) […]

  2. […] 『はじき』の法則 速さ・時&#3… […]

  3. […] 『はじき』の法則 速さ・時&#3… […]

  4. […] 『はじき』の法則 速さ・時&#3… […]

  5. […] 『はじき』の法則 速さ・時&#3… […]

タイトルとURLをコピーしました