スポンサーリンク
スポンサーリンク

『ローマ数字とアラビア数字』の 一覧対照表(1から3999まで)

『ローマ数字とアラビア数字』の 一覧対照表(1から3999まで)算数 - 中学受験
『ローマ数字とアラビア数字』の 一覧対照表(1から3999まで)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローマ数字の1~3999までアラビア数字と対照にして一覧表にしました。

「アラビア数字」というのは「1」「2」「3」のように普段使っている世界共通の数字表記で、「ローマ数字」は、時計などで見かける「III」「V」「XI」のような表記です。

ローマ数字は「エリザベスⅢ世」のように順序や番号に使われたり文章の脚注番号に使うことが多く、英文では節番号を小文字のローマ数字で表すことが多くあります。

 

3999までのローマ数字表記には規則性があり、下にある表のように1桁~4桁の数字表記を基にそれぞれを組み合わせて数を表します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1桁のローマ数字

1I
2II
3III
4IV
5V
6VI
7VII
8VIII
9IX

2桁のローマ数字

10X
20XX
30XXX
40XL
50L
60LX
70LXX
80LXXX
90XC

 

3桁のローマ数字

100C
200CC
300CCC
400CD
500D
600DC
700DCC
800DCCC
900CM

 

4桁のローマ数字

1000M
2000MM
3000MMM

 

ローマ数字は「0」を表す表記はなく、実際に使われているローマ数字は1から3999までとなっています。 4000以上は表記も存在しますが使われてはいません。

《NEXT:ローマ数字とアラビア数字 一覧対照表》

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク
算数 - 中学受験数学
yattokeをフォローする
Yattoke! – 小・中学生の学習サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました