江戸時代の3大改革《まとめ》+2改革

目次|メニュー




江戸時代の改革をまとめました。「改革の順番」と「改革を行った人物とその役職」をしっかり覚えましょう。

江戸時代の3大改革と言われる
享保の改革・寛政の改革・天保の改革 は、
歴史的にも非常に重要で、改革を行った中心人物や順番などがよくテストに出題されます。

正徳の治 1709 – 1716

新井白石
長崎貿易の制限(1715年):
金銀の流失を防ぐため、中国やオランダの貿易船の数を制限した。

享保の改革 1716~1745

徳川吉宗
倹約令:
目安箱の設置
上げ米の制
足高の制
公事方御定書

田沼の改革 1759~1786

田沼意次:老中
株仲間の公認
長崎貿易の奨励
印旛沼・手賀沼の干拓
蝦夷地開拓の計画

寛政の改革 1787~1793

松平定信:老中
倹約令
朱子学以外の学問の禁止(異学の禁)
棄捐令
囲い米の制
旧里帰農令

天保の改革 1841~1843

水野忠邦:老中
株仲間の解散
上知(あげち)令
人返しの法