頻出!『四字熟語』130個 読みと意味 一覧表 – 小学生・中学生

目次|メニュー




頻出!『四字熟語』130個 一覧表 -コレだけ知っていれば大丈夫選

頻出!『四字熟語』130個 一覧表 -コレだけ知っていれば大丈夫選

試験/テスト/受験に頻出する四字熟語130選を紹介します。
中学レベルの最低限コレだけ覚えておけば大丈夫リストです。

あたりまえのことですが、

「読めるようにすること」、「書けるようにすること」、「意味を理解すること」

この3つをできるようにしておきましょう。






『四字熟語』130個 一覧表




  • 悪事千里(あくじせんり)悪いことは、世間にあっというまに知れわたる。
  • 悪戦苦闘(あくせんくとう)ひじょうに苦しい戦いをしていること。
  • 暗中模索(あんちゅうもさく)手がかりがつかめず、あれこれとやってみること。
  • 意気消沈(いきしょうちん)元気をなくし、しょげてしまうこと。
  • 意気投合(いきとうごう)たがいの気持ちや考えなどがぴったりと合うこと。
  • 異口同音(いくどうおん)大勢の人が口をそろえて同じことを言うこと。
  • 以心伝心(いしんでんしん)言葉を使わなくても、おたがいに気持ちが通じ合うこと。
  • 一意専心(いちいせんしん)一つのことだけに熱中すること。
  • 一往一来(いちおういちらい)行ったり来たりすること。
  • 一期一会(いちごいちえ)一生に一度会うこと。また一生に一度かぎりであること。
  • 一日千秋(いちじつせんしゅう)たいへん待ち遠しいこと。
  • 一念発起(いちねんほっき)ある事をしようと強く決意すること。
  • 一部始終(いちぶしじゅう)はじめから終わりまで。
  • 一問一答(いちもんいっとう)一つの質問にたいして一つの答えをすること。
  • 一喜一憂(いっきいちゆう)状況が変わるたびに、喜んだり心配したりすること。
  • 一挙一動(いっきょいちどう)ひとつひとつの動作、ふるまい。
  • 一挙両得(いっきょりょうとく)一つのことをやって、二つの利益を得ること。
  • 一刻千金(いっこくせんきん)わずかな時間が千金にも値する。時間の貴重なことのたとえ。
  • 一触即発(いっしょくそくはつ)非常に緊迫(きんぱく)している状況。
  • 一進一退(いっしんいったい)進んだりあともどりしたりすること。
  • 一心同体(いっしんどうたい)一つの心、同じ体であるかのような強いむすびつき。
  • 一心不乱(いっしんふらん)一つのことに心を集中して、ほかのことに心をうばわれないこと。
  • 一世一代(いっせいちだい)一生のうちで二度とないような重大なこと。
  • 一石二鳥(いっせきにちょう)一つのことをして二つの利益を得ること。
  • 一朝一夕(いっちょういっせき)ほんのわずかな期間。非常に短い時間。





  • 一長一短(いっちょういったん)長所もあれば短所もあるということ。
  • 一刀両断(いっとうりょうだん)ためらわずに、きっぱり決断すること。
  • 意味深長(いみしんちょう)人の行動や文章などに非常に深い意味があること。
  • 因果応報(いんがおうほう)よいことをすればよいことが、悪いことをすれば悪いことがおきるということ。
  • 右往左往(うおうさおう)うろたえて右に行ったり左に行ったりすること。混乱(こんらん)すること。
  • 海千山千(うみせんやません)世間の裏も表も知りつくしていること。
  • 栄枯盛衰(えいこせいすい)人や家などが栄えたり衰(おとろ)えたりすること。
  • 岡目八目(おかめはちもく)自分より、まわりで見ている人の方が情勢を正確に判断できる。
  • 温故知新(おんこちしん)昔の事柄や前に習ったことを復習して、新しい知識(ちしき)を得ること。
  • 音信不通(おんしんふつう)便りや連絡がまったくないこと。
  • 花鳥風月(かちょうふうげつ)自然の美しい景色、風物。
  • 我田引水(がでんいんすい)自分の都合のよいように考え行動すること。
  • 画竜点睛(がりょうてんせい)物事の最も大切なところ。物事を完成するための最後の仕上げ。
  • 完全無欠(かんぜんむけつ)欠点や不足がまったくないこと。
  • 危機一髪(ききいっぱつ)わずかな違いで、危険な状況になるようなこと。
  • 起死回生(きしかいせい)危機的な状況から一変して勢いを盛り返すこと。
  • 起承転結(きしょうてんけつ)文章の構成(こうせい)や物事の順序(じゅんじょ)のこと。
  • 疑心暗鬼(ぎしんあんき)疑いの心があると、ありもしないものがあるように感じられる。
  • 奇想天外(きそうてんがい)思いもよらないような、珍(めずら)しいこと。
  • 喜怒哀楽(きどあいらく)人間が持っているさまざまな感情。(喜び・怒り・哀しみ・楽しみ)
  • 牛飲馬食(ぎゅういんばしょく)たくさん飲んだり食べたりすること。
  • 九死一生(きゅうしいっしょう)ほとんど助かる見込みのない命がかろうじて助かること。
  • 旧態依然(きゅうたいいぜん)昔ののままで、少しも進歩しないこと。
  • 急転直下(きゅうてんちょっか)物事が急に変化して解決に向かうこと。
  • 空前絶後(くうぜんぜつご)非常にめずらしいこと。
  • 厚顔無恥(こうがんむち)あつかましく、恥(はじ)知らずなこと。
  • 公平無私(こうへいむし)自分の利益や感情に左右されず平等なこと。
  • 公明正大(こうめいせいだい)私心がなく、正しく立派であること。
  • 呉越同舟(ごえつどうしゅう)仲の悪い者同士が、いっしょに行動すること。
  • 古今東西(ここんとうざい)あらゆる時代、あらゆる場所。
  • 小春日和(こはるびより)春のように暖かい冬の晴れた日。
  • 五里霧中(ごりむちゅう)物事の手がかりがつかめない状態。霧中を夢中と間違わないようにね。
  • 言語道断(ごんごどうだん)言葉で言い表せないほどひどいこと。とんでもないこと。
  • 再三再四(さいさんさいし)たびたび。何度も何度もくり返し。
  • 三寒四温(さんかんしおん)寒い日が三日ほど続くと、そのあと四日間ぐらい暖かい日が続くということ。
  • 三者三様(さんしゃさんよう)考え方、やり方などが、人それぞれ違うこと。
  • 自画自賛(じがじさん)自分で自分のことをほめること。
  • 自給自足(じきゅうじそく)必要なものを自分でまかない足りるようにすること。
  • 四苦八苦(しくはっく)さんざん苦労すること。
  • 試行錯誤(しこうさくご)試みと失敗をくり返しながら一番よい方法を見つけること。
  • 自業自得(じごうじとく)自分のおこないの結果を自分が受けること。
  • 事実無根(じじつむこん)事実にもとづいていないこと。根も葉もないこと。
  • 舌先三寸(したさきさんずん)口先だけで誠意のない言葉。また、相手をだましたり言いくるめたりすること。
  • 七転八起(しちてんはっき)何度失敗しても、また起き上がって努力すること。
  • 七転八倒(しちてんばっとう)激しい苦痛(くつう)に転げまわってもがくこと。
  • 質実剛健(しつじつごうけん)飾(かざ)り気がなく、まじめで、心身ともに健康(けんこう)であること。
  • 十中八九(じっちゅうはっく)おおかた。ほとんど。
  • 自暴自棄(じぼうじき)自分をダメなものと思い、将来を考えない行動をとること。
  • 四面楚歌(しめんそか)まわりが敵や反対者ばかりで、味方のないこと。
  • 弱肉強食(じゃくにくきょうしょく)弱い者が強い者のえじきとなること。
  • 縦横無尽(じゅうおうむじん)自由自在、思う存分(ぞんぶん)のたとえ。
  • 終始一貫(しゅうしいっかん)始めから終わりまで言動(げんどう)が変わらないこと。
  • 十人十色(じゅうにんといろ)人はそれぞれ考え方や好みが違う。
  • 取捨選択(しゅしゃせんたく)悪いもの・不必要なものを捨てて、よいもの・必要なものを選びとること。
  • 首尾一貫(しゅびいっかん)初めから終わりまで、態度(たいど)や方針(ほうしん)が同じで変わらないこと。
  • 心機一転(しんきいってん)なにかをきっかけとして、気持ちが良い方向にすっかり変わること。
  • 針小棒大(しんしょうぼうだい)針(はり)ほどの小さいことを棒ほどに大きく言うこと。物事を大げさに言うこと。
  • 森羅万象(しんらばんしょう)宇宙に存在する、すべてのものや現象(げんしょう)のたとえ。
  • 晴耕雨読(せいこううどく)晴れた日は畑を耕し、雨の日は家で読書をする意から、自由気ままな生活をすること。
  • 青天白日(せいてんはくじつ)心にやましいことがないこと。また、疑いがはれて無罪になること。
  • 誠心誠意(せいしんせいい)まことの心と、まことの気持ち。
  • 切磋琢磨(せっさたくま)仲間同士が、お互いに競争・励(はげ)まし合い、自分を磨(みが)くこと。
  • 絶体絶命(ぜったいぜつめい)危険や困難(こんなん)からどうしても逃れることができないこと。
  • 千載一遇(せんざいいちぐう)千年に一回という、めったにないすばらしい機会。
  • 千差万別(せんさばんべつ)たくさんのものが、それぞれさまざまに違うこと。
  • 前人未到(ぜんじんみとう)今までに誰も到達していないこと。
  • 前代未聞(ぜんだいみもん)今まで聞いたこともない珍(めずら)しいこと。
  • 創意工夫(そういくふう)新しいことを考え出し、いろいろやってみること。
  • 大器晩成(たいきばんせい)大人物となる人間は、ふつうより遅く大成するということ。
  • 大義名分(たいぎめいぶん)人としてまた国民として守るべきことがら。何か事をするにあたっての根拠。
  • 大同小異(だいどうしょうい)細かい点に違いがあるが、だいたいは同じこと。
  • 多種多様(たしゅたよう)種類(しゅるい)や性質がさまざまであること。
  • 単純明快(たんじゅんめいかい)はっきりしていて分かりやすいこと。
  • 単刀直入(たんとうちょくにゅう)遠回しな言い方をしないで、いきなり本題に入ること。単刀を短刀と間違わないようにね。
  • 朝三暮四(ちょうさんぼし)目先の違いこだわり本質を見失うこと。うまい言葉で人をだますこと。





  • 徹頭徹尾(てっとうてつび)最初から最後まで。
  • 電光石火(でんこうせっか)動作が非常にすばやいたとえ。
  • 天変地異(てんぺんちい)自然界に起こる変わった出来事。
  • 得意満面(とくいまんめん)思いどおりになって、誇らしげなようすが顔いっぱいに表れること。
  • 独立独歩(どくりつどっぽ)他人に頼らず、自分の信ずる道を進むこと。
  • 二束三文(にそくさんもん)数が多くても値段が非常に安いこと。二束を二足と間違わないようにね。
  • 日進月歩(にっしんげっぽ)物事がどんどん進歩すること。
  • 破顔一笑(はがんいっしょう)顔をぱっとほころばせて、にっこり笑うこと。
  • 馬耳東風(ばじとうふう)人の言うことに耳をかさず聞き流すこと。
  • 半信半疑(はんしんはんぎ)半分は信じているが半分は疑っている状態。
  • 品行方正(ひんこうほうせい)行いが正しく、きちんとしていること。
  • 不言実行(ふげんじっこう)あれこれ理屈(りくつ)をいわず、黙って実際に行動すること。
  • 不眠不休(ふみんふきゅう)眠らず休まず事にあたること。
  • 付和雷同(ふわらいどう)自分の考えがなく、他人の意見にすぐ賛成すること。
  • 傍若無人(ぼうじゃくぶじん)自分勝手にふるまうこと。
  • 本末転倒(ほんまつてんとう)物事で重要な部分とどうでもいい部分を取りちがえること。
  • 三日天下(みっかてんか)国や組織などで権力を握っている期間がきわめて短いこと。
  • 三日坊主(みっかぼうず)あきっぽい性格で、何をしても長続きしないこと。
  • 無我夢中(むがむちゅう)ある物事に熱中して、我を忘れること。
  • 有言実行(ゆうげんじっこう)言ったことは必ず実行するということ。
  • 優柔不断(ゆうじゅうふだん)グズグズしていて、決断が遅いこと。
  • 有名無実(ゆうめいむじつ)名前だけ立派で実力がともなわないこと。
  • 油断大敵(ゆだんたいてき)注意を怠(おこた)れば必ず失敗をまねく。
  • 用意周到(よういしゅうとう)少しも手ぬかりのない状態。
  • 利害得失(りがいとくしつ)利益と損失のこと。
  • 立身出世(りっしんしゅっせ)社会的に高い地位について、世間に名を知られるようになること。
  • 竜頭蛇尾(りゅうとうだび)はじめは立派だが、終わりが駄目なもの。
  • 理路整然(りろせいぜん)考え、話などの筋道(みちすじ)がきちんとしていること。
  • 臨機応変(りんきおうへん)その時々の状況の変化に応じて、適切な処置(しょち)をすること。
  • 老若男女(ろうにゃくなんにょ)年齢・性別に関わらない、あらゆる人々。