世界の言語人口ランキングと人口の比較まとめ

目次|メニュー




世界の言語人口ランキングと人口の比較まとめ

世界の言語人口ランキングと人口の比較まとめ

地球上には6500種類の言語が存在すると考えられていて、億単位の人が使用している言語もあれば、絶命寸前の言語も存在しています。

いくつかの言語は、中国語、アラビア語のように相互の疎通が難しい方言・派生言語があるにもかかわらず、単一の言語として扱われている場合があります。また、国の公用語とは別に、地域の公用語が定められているような場合など言語を使い分ける場合もあります。そういった場合、この一覧では別言語扱いとしています。

ここでは、ネイティブスピーカーの数が多い言語人口のランキングとして紹介していきます。

世界の言語人口ランキング

順位言語名人口主な使用国
1中国語(北京語)12億8400万中国
2スペイン語4億3700万スペイン・中南米諸国
3英語3億7200万英国・米国・カナダ・オセアニア
4アラビア語2億9500万アラブ諸国・中東・北アフリカ
5ヒンディー語2億6000万インド
6ベンガル語2億4200万バングラディッシュ
7ポルトガル語2億1900万ポルトガル・ブラジル
8ロシア語1億5400万ロシア
9日本語1億2800万日本
10ラフンダー語1億1900万パキスタン、インド、アフガニスタン、ウクライナ

10位のラフンダー語(Lahnda)はインド語派に属する言語グループで、主にパキスタンのパンジャーブ州西部で話されています。

参考として、2017年現在の世界の人口ランキングをここに書いていきます。
これらは、2017年に国際連合が行った調査に基づいています。

世界の人口ランキング

01位 中国(14億900万人)
02位 インド(13億300万人)
03位 アメリカ(3億2400万人)
04位 インドネシア(2億6300万人)
05位 ブラジル(2億900万人)
06位 パキスタン(1億9700万人)
07位 ナイジェリア(1億9000万人)
08位 バングラデッシュ(1億6400万人)
09位 ロシア(1億4300万人)
10位 メキシコ(1億2900万人)
11位 日本(1億2700万人)
12位 エチオピア(1億400万人)
13位 フィリピン(1億400万人)
14位 エジプト(9700万人)
15位 ベトナム(9500万人)
16位 ドイツ(8200万人)
17位 コンゴ(8100万人)
18位 イラン(8100万人)
19位 トルコ(8000万人)
20位 タイ(6900万人)

中国がダントツで話者数が多いのがわかりました。中国語も幾つか派生されているので分類するとランキングが変わってくるかおしれませんが、上位は揺るぎないかもしれませんね。