世界各国『原子力による電力発電量』国別ランキング

目次|メニュー




世界各国『原子力による電力発電量』国別ランキング

世界各国『原子力による電力発電量』国別ランキング

世界各国の『原子力による電力発電量』を国別でランキングにしました。

全世界で運転中の原発は全部で443基で

1位 アメリカ 99基

2位 フランス 58基

3位 日本 42基

4位 中国 37基

5位 ロシア 31基

となっています。

国土面積の小さい日本やフランスだけで100基の原発があることがわかります。

莫大な発電量を得られるのですが、チェルノブイリや福島での事故のように、被害が広範囲にわたってしまうという問題もあります。

発展途上国を中心に新たな原子力発電所の設置が進められている一方で、先進国では自然エネルギーを利用した発電にシフトしていっていますが、まだ原子力発電への依存は高いようです。

さて、日本は何位に入っているでしょうか?

世界各国『原子力による電力発電量』ランキング

世界の国々の原子力発電量を合わせると 2,461,422 (百万kWh) になります

順位国(地域)・調査年・都市原子力 発電量(百万kWh)
アメリカ合衆国801,129
フランス425,406
ロシア177,534
韓国150,327
ドイツ99,460
中国97,394
カナダ94,862
ウクライナ90,137
イギリス70,405
スウェーデン64,037
スペイン61,470
ベルギー40,295
インド32,871
チェコ30,324
スイス25,441
フィンランド22,987
ブラジル16,038
日本15,939
ハンガリー15,793
ブルガリア15,785
南アフリカ13,075
ルーマニア11,466
メキシコ8,770
アルゼンチン6,395
パキスタン4,553
オランダ3,915
イラン1,847

出典:総務省統計局「世界の統計 2016」より作成

世界各国の『原子力による電力発電量』を国別ランキングで紹介しました。
アメリカ・日本・ロシアは原子力発電の割合が総発電量の15%~25%ほどですが、フランスはなんと75%以上にもなります。

一方、廃止の方向に進んでいる国もあります。ドイツは、2022年までには17基 全てを廃止すると発表し、スイスも2034年までに全ての原発を廃止すると決めています。イタリア・スウェーデンも廃止の方向に進んでるでいます。