世界三大宗教と神道の比較まとめ|人口・特徴・聖地などの違い一覧表

目次|メニュー




世界三大宗教と神道の比較まとめ一覧表

世界三大宗教と神道の比較まとめ一覧表

世界三大宗教とは

イスラム教、ヒンドゥー教、キリスト教、ユダヤ教、仏教など、世界にはたくさんの宗教がありますが、世界三大宗教と言われるものをご存知でしょうか?

世界三大宗教は、キリスト教、イスラム教、仏教の3つです。

これらを比較したものをまとめて紹介していきます。

キリスト教

・開祖:イエス・キリスト
・発祥年度:紀元元年頃
・経典:旧約聖書、新約聖書
・聖職者:神父、牧師
・人口:約23億人
・聖地:エルサレム、ヴァチカンなど
・主要地域:ヨーロッパ、南アフリカ、南北アメリカ

世界最大宗教です、人口約23億人と、およそ世界人口の3分の1に迫る人がキリスト教を信仰しています。

キリスト教は、各地域で様々な宗派に派生していて、よく聞くカトリック、プロテスタントや、東欧で広まった正教会などがあります。

イスラム教

・開祖:ムハンマド
・発祥年度:610年
・経典:コーラン
・聖職者:ウラマー
・人口:約12~15億人
・聖地:メッカ、メディナ
・主要地域:西南アジア、東南アジア、北アフリカ

イスラム教はキリスト教に次ぐ大きな宗教で、信者の数は、約12~15億人と世界の5分の1に上ります。

イスラム教の教えは、多神教ではなくアッラーを唯一神とし、アッラーの前では身分も差別もなく、皆平等というものです。

仏教

・開祖:ゴータマ・シッダールタ(ゴータマ・シッダッタとも)
・発祥年度:紀元前6~5世紀
・経典:仏教経典(多数あり)
・聖職者:僧
・人口:約4億人
・聖地:八大聖地
・主要地域:東南アジア、東アジア、チベット

日本に馴染みの深い仏教は、インドで信仰されているヒンドゥー教の人口よりも少ないのですが、多数の国を越え広がった宗教ということで三大宗教に選出されています。





世界三大宗教と神道の比較一覧表

項目仏教キリスト教イスラム教神道
開祖
(教祖)
釈迦イエス・キリストムハンマド特になし
発祥年代紀元前6~5世紀 (釈迦の誕生)紀元元年ごろ (イエスの誕生)610年 (ムハンマドが啓示をうける)不明
主要地域東南アジア、東アジア、チベットヨーロッパ、南北アメリカ西南アジア、東南アジア、アフリカ日本
おおよその人口5億人17億人10億人1億人
教典仏教経典旧約聖書 新約聖書コーラン(古事記)
(日本書紀)
教義三法印(四法印) 四諦 八正道神を信じること六信五行(柱)自然(祖先)崇拝 清浄をたもつこと
聖職者神父、牧師ウラマー宮司
象徴仏像十字架三種の神器
祈り合掌 五体投地両手をくむ 十字を切る深くかがんだのち、直立し両手をかかげる柏手
崇拝対象諸仏一神一神八百万の神
おもな聖地八大聖地 (ルンビニー、ボードガヤーなど)エルサレム、ベスレヘム、ナザレなどメッカ、メディナ伊勢神宮、出雲大社など
宗教施設寺院教会モスク神社
戒律五戒、八斎戒十戒五行(柱)清浄をたもつこと
行事灌仏会、彼岸会、涅槃会クリスマス、イースター、聖霊降臨日断食明けの祭り、犠牲祭祈年祭、新嘗祭

以上 世界三大宗教と神道の比較について紹介しました。日本の仏教や神道に比べて宗教人口の多いキリスト教やイスラム教はとても複雑なようです。 昔 宗教戦争というのがあったことや、現在もイスラムのシーア派・スンニ派での戦いが続いています。 仏教・神道は、これらに比べて安心感や落ち着きのようなものを感じます。修行は大変なものだと思いますが。