【日本】人口100万人以上の都市ランキングと政令指定都市一覧

目次|メニュー




【日本】人口100万人以上の都市ランキングと政令指定都市一覧

【日本】人口100万人以上の都市ランキングと政令指定都市一覧

人口100万人以上の都市をランキング形式で紹介していきます。

また、都市人口50万人以上が対象のひとつとなる『政令指定都市』を一覧で紹介します。

どちらも地理の知識として知っておいたほうが良い項目ですのでこの機会にしっかり頭に入れておきましょう。

例:日本で百万都市が一番多い県はどこ?

百万都市が一番多い都道府県は神奈川県で、3つの都市があります。横浜市・川崎市・相模原市がこれに該当します。

人口100万人以上の都市ランキング

順位市(区)人口(単位:人)
1東京都特別区部9,272,565
2横浜市3,726,167
3大阪市2,691,742
4名古屋市2,296,014
5札幌市1,953,784
6福岡市1,538,510
7神戸市1,537,860
8川崎市1,475,300
9京都市1,474,570
10さいたま市1,264,253
11広島市1,194,507
12仙台市1,082,185

出典:総務省「第65回 日本統計年鑑 平成28年」
都市別人口(平成27年 – 人口100万人以上)

政令指定都市一覧

政令指定都市とは?
政令指定都市制度は、地方分権の推進を目的とし、1956年(昭和31年)に地方自治法の一部の改正により創設され、最初に横浜市、名古屋市、京都市、大阪市、神戸市の5都市が指定されました。
政令指定都市になるには
「地方自治法第252条の19第1項の指定都市の指定に関する政令」に基づき、人口50万人以上で、人口その他都市としての規模、行財政能力等において既存の指定都市と同等の実態を有するとみられる都市が対象となります。
政令指定都市になると
行政区が設置され、区役所を拠点としたきめ細かな市民サービスが提供できるようになります。また、保健・福祉、教育、都市計画・土木など、都道府県が行っている事務を、市が主体となって実施することができるようになります。さらに、市による主体的な財政運営も可能となります。

都道府県都市名指定日
1北海道札幌市1972.4.1
2宮城県仙台市1989.4.1
3埼玉県さいたま市2003.4.1
4千葉県千葉市1992.4.1
5神奈川県横浜市1956.9.1
6川崎市1972.4.1
7相模原市2010.4.1
8新潟県新潟市2007.4.1
9静岡県静岡市2005.4.1
10浜松市2007.4.1
11愛知県名古屋市1956.9.1
12京都府京都市1956.9.1
13大阪府大阪市1956.9.1
14堺市2006.4.1
15兵庫県神戸市1956.9.1
16岡山県岡山市2009.4.1
17広島県広島市1980.4.1
18福岡県北九州市1963.4.1
19福岡市1972.4.1
20熊本県熊本市2012.4.1

以上 人口100万人以上の都市ランキングと政令指定都市一覧を紹介しました。

人口ランキングはすべて覚える必要はありませんが、政令指定都市の数や都市名はある程度覚えておくのがいいでしょう。また、都道府県と都市名はセットで覚えてください。