江戸時代の年表|将軍・天皇・年号・出来事がわかる!

目次|メニュー




江戸時代の年表|将軍・天皇・年号がわかる

江戸時代の年表|将軍・天皇・年号がわかる

江戸時代を1年ごとに並べた年表です。 その時の将軍、天皇、和暦(年号)、西暦、出来事がわかる便利な年表ですので、江戸時代の流れを知ったり、覚えた出来事を整理するのに便利だと思います。出来事には主要な出来事・大きな出来事が記載されています。

中学受験対策や中学校の日本史テスト勉強などにお使いください。

将軍・天皇・年号・出来事がわかる江戸時代の年表

西暦和暦天皇将軍できごと
1603年慶長8年後陽成天皇家康・徳川家康が征夷大将軍となり、江戸幕府を開く。
1604年慶長9年・朱印船の制度を定める。
1605年慶長10年秀忠・徳川秀忠が二代将軍となる
1606年慶長11年
1607年慶長12年
1608年慶長13年
1609年慶長14年・オランダが平戸で貿易を始める。
1610年慶長15年
1611年慶長16年後水尾天皇
1612年慶長17年・キリスト教禁止令が施行される。
1613年慶長18年・公家諸法度を定める。
・伊達政宗、慶長遣欧使節を派遣する(メキシコ・ローマに派遣)
1614年慶長19年・大坂冬の陣
1615年慶長20年
元和元年
・大坂夏の陣 →豊臣氏は滅びる。
・武家諸法度・禁中並公家諸法度などを定める。
1616年元和2年・徳川家康死去
1617年元和3年・家康が東照大権現の神号を受け、日光の東照宮ができる。
1618年元和4年
1619年元和5年
1620年元和6年
1621年元和7年
1622年元和8年・キリシタン多数を処刑(元和の大殉教)。
1623年元和9年家光・徳川家光が三代将軍となる。
1624年寛永元年・スペイン船の来航を禁止する。
1625年寛永2年
1626年寛永3年・長崎奉行水野守信が踏み絵を始める。
1627年寛永4年
1628年寛永5年
1629年寛永6年明正天皇
1630年寛永7年・キリスト教関連の漢訳洋書の輸入が禁止される(寛永の禁書令)。
1631年寛永8年
1632年寛永9年・旗本諸法度を定める。
1633年寛永10年
1634年寛永11年・長崎商人に出島を築かせる。→36年完成
1635年寛永12年・武家諸法度を改定し、外様大名に参勤交代を命じる。
1636年寛永13年・ポルトガル人を出島に移す。
1637年寛永14年・島原の乱 →島原・天草で農民一揆。天草四郎時貞を首領にしたキリスト教信仰の取締りに対する乱(島原の乱:~38年)
1638年寛永15年
1639年寛永16年・ポルトガル船の来航を禁止 →鎖国の完成(~1854年まで)
1640年寛永17年
1641年寛永18年・オランダ商館を平戸から長崎の出島に移す。
1642年寛永19年・寛永の大飢饉(~1643年)
1643年寛永20年後光明天皇・田畑永代売買禁止令を制定
1644年正保元年
1645年正保1年
1646年正保2年・江戸にキリシタン屋敷ができる。
1647年正保3年
1648年慶安元年
1649年慶安2年・慶安の御触書が出される。
1650年慶安3年
1651年慶安4年家綱・由比正雪の乱(慶安事件)
1652年承応元年・承応事件 → 江戸で牢人による老中暗殺計画が発覚
1653年承応2年
1654年承応3年後西天皇
1655年明暦元年
1656年明暦2年
1657年明暦3年・明暦の大火で江戸城本丸、二の丸をはじめ江戸の半ばが焼ける。
世界三大大火のひとつ
1658年万治元年
1659年万治2年
1660年万治3年
1661年寛文元年
1662年寛文2年
1663年寛文3年霊元天皇
1664年寛文4年
1665年寛文5年
1666年寛文6年
1667年寛文7年
1668年寛文8年
1669年寛文9年・シャクシャインの戦い アイヌ部族と松前藩との戦い
1670年寛文10年
1671年寛文11年・河村瑞賢が東回りの航路を開く。
1672年寛文12年・河村瑞賢が西回りの航路を開く。
1673年延宝元年・分地制限令(田畑の分割相続の制限)が出される。
1674年延宝2年
1675年延宝3年
1676年延宝4年
1677年延宝5年
1678年延宝6年
1679年延宝7年
1680年延宝8年綱吉
1681年天和元年・綱吉が江戸に護国寺を建てる。
1682年天和2年
1683年天和3年
1684年貞享元年
1685年貞享2年・将軍綱吉が最初の生類憐みの令を定める。
1686年貞享3年・井原西鶴の『好色五人女』が発刊される。
1687年貞享4年東山天皇
1688年元禄元年・長崎に唐人屋敷を作る。
1689年元禄2年・松尾芭蕉が奥の細道の旅に出る。
1690年元禄3年・江戸の湯島に聖堂ができる。
1691年元禄4年
1692年元禄5年
1693年元禄6年
1694年元禄7年・柳沢吉保が老中になる。
1695年元禄8年
1696年元禄9年
1697年元禄10年
1698年元禄11年
1699年元禄12年
1700年元禄13年
1701年元禄14年
1702年元禄15年・元禄赤穂事件(赤穂四十七士討入)→ 赤穂浪士大石良雄らが吉良義央を討つ。
1703年元禄16年・近松門左衛門の「曾根崎心中」が竹本座で初演される。
1704年宝永元年
1705年宝永2年
1706年宝永3年
1707年宝永4年・富士山が噴火し、宝永山ができる。
1708年宝永5年
1709年宝永6年中御門天皇家宣・新井白石が登用され、正徳の治が始まる。
・生類憐みの令廃止
1710年宝永7年
1711年正徳元年
1712年正徳2年
1713年正徳3年家継・徳川家継が七代将軍となる。
1714年正徳4年
1715年正徳5年・近松門左衛門の「国性爺合戦」を竹本座で初演。
1716年享保元年吉宗・享保の改革が始まる
1717年享保2年
1718年享保3年
1719年享保4年・相対済し令が発布される
1720年享保5年・キリスト教以外の漢訳洋書輸入の禁をゆるめる。
1721年享保6年・目安箱が設置される(享保の改革)
1722年享保7年・上米の制が発布される
1723年享保8年・足高の制を定める。
1724年享保9年
1725年享保10年
1726年享保11年美作国津山藩の農民が一揆をおこす(山中一揆)。
1727年享保12年
1728年享保13年
1729年享保14年
1730年享保15年・上げ米の制をやめ、参勤交代を元に戻す。
1731年享保16年
1732年享保17年・享保の大飢饉
1733年享保18年
1734年享保19年
1735年享保20年桜町天皇
1736年元文元年
1737年元文2年
1738年元文3年
1739年元文4年・ロシア船が陸奥や安房沖に出没。幕府が沿岸諸藩に命じ、海防を厳しくさせる。
1740年元文5年
1741年寛保元年
1742年寛保2年・公事方御定書制定(享保の改革)
1743年寛保3年
1744年延享元年
1745年延享2年家重
1746年延享3年
1747年延享4年桃園天皇
1748年寛延元年
1749年寛延2年
1750年寛延3年
1751年宝暦元年
1752年宝暦2年
1753年宝暦3年
1754年宝暦4年
1755年宝暦5年
1756年宝暦6年
1757年宝暦7年
1758年宝暦8年
1759年宝暦9年
1760年宝暦10年家治
1761年宝暦11年
1762年宝暦12年後桜町天皇
1763年宝暦13年
1764年明和元年
1765年明和2年
1766年明和3年
1767年明和4年・田沼意次が側用人になる。
1768年明和5年・上田秋成の『雨月物語』ができる。
1769年明和6年
1770年明和7年後桃園天皇
1771年明和8年・前野良沢・杉田玄白らが、千住・小塚原で死刑囚の解剖を見て、『ターヘルアナトミア』の翻訳をはじめる。
1772年明和9年
安永元年
・田沼意次が老中になる。
1773年安永2年
1774年安永3年前野良沢・杉田玄白らが『解体新書』を出版する。
1775年安永4年
1776年安永5年・平賀源内がエレキテルの器械を完成させる。
1777年安永6年
1778年安永7年
1779年安永8年光格天皇
1780年安永9年
1781年安永10年
天明元年
1782年天明2年・天明の大飢饉(~1788年)
1783年天明3年
1784年天明4年
1785年天明5年
1786年天明6年・田沼意次が老中から失脚。
1787年天明7年家斉・松平定信、老中になる
・寛政の改革が始まる
・米価が上がり、江戸・大阪などで打ち壊しがおこる。
1788年天明8年
1789年寛政元年・幕府が諸大名に囲米を命じる。
1790年寛政2年・寛政異学の禁 → 昌平黌において朱子学のほか異学を講義することを禁止する。
1791年寛政3年
1792年寛政4年・ロシア使節のラクスマンが根室に来て通商を求める。
1793年寛政5年・松平定信が老中を辞める。
1794年寛政6年
1795年寛政7年
1796年寛政8年
1797年寛政9年
1798年寛政10年・本居宣長が『古事記伝』を完成させる。
1799年寛政11年
1800年寛政12年・伊能忠敬が蝦夷地を測量する。
1801年享和元年
1802年享和2年・十返舎一九の『東海道中膝栗毛』が出版される。
1803年享和3年・アメリカ船が長崎に来て通商を求める。
1804年文化元年・ロシア使節レザノフ、長崎に来て通商を求める。
1805年文化2年・幕府が北辺警備の強化に力を入れる。
1806年文化3年
1807年文化4年
1808年文化5年・間宮林蔵、樺太を探検する
1809年文化6年・間宮林蔵が間宮海峡を発見する。
1810年文化7年
1811年文化8年
1812年文化9年
1813年文化10年
1814年文化11年・滝沢馬琴が『南総里見八犬伝』を著す。
1815年文化12年・杉田玄白が『蘭学事始』を著す。
1816年文化13年
1817年文化14年仁孝天皇
1818年文政元年・イギリス人コンドルが浦賀に来て通商を求める。
・伊能忠敬死去
1819年文政2年
1820年文政3年
1821年文政4年・伊能忠敬の『大日本沿海與地全図』が弟子達の手により完成する。
1822年文政5年
1823年文政6年・ドイツ人シーボルトがオランダ商館付き医師として出島に来る。
1824年文政7年・シーボルトが長崎郊外の鳴滝に塾を開く。
1825年文政8年・幕府が異国船打ち払い令を出す。
1826年文政9年
1827年文政10年
1828年文政11年・シーボルト事件→ 幕府天文方高橋景保ほか多数が捕らえられる。
1829年文政12年・シーボルト、国外に追放される
1830年文政13年
天保元年
1831年天保2年
1832年天保3年
1833年天保4年・天保の大飢饉(~1839年)
1834年天保5年・水野忠邦、老中となる。
・安藤広重の「東海道五十三次」の浮世絵ができる。
1835年天保6年
1836年天保7年
1837年天保8年家慶・大塩平八郎の乱
・モリソン号事件→ アメリカ船モリソン号が浦賀に来て砲撃される。
1838年天保9年
1839年天保10年・蛮社の獄→ 渡邉崋山、高野長英らが処罰される。
1840年天保11年・清でアヘン戦争が勃発する
1841年天保12年・水野忠邦、天保の改革を始める(~1843年)
1842年天保13年
1843年天保14年・老中水野忠邦が罷免される。

・阿部正弘、老中になる

1844年弘化元年・オランダの軍艦が長崎に来て開国を勧める国書を届ける。
1845年弘化2年
1846年弘化3年孝明天皇・イギリス船・フランス軍艦が琉球に来る。
・アメリカ東インド艦隊司令長官ピッドルが浦賀に来て国交を求める。
1847年弘化4年
1848年嘉永元年
1849年嘉永2年
1850年嘉永3年
1851年嘉永4年
1852年嘉永5年
1853年嘉永6年家定・ペリーが浦賀に来航する。
・ロシア使節プチャーチンが長崎に来航。
1854年嘉永7年
安政元年
・日米和親条約締結 →下田と箱館を開港。(鎖国終了)治外法権を認める等日本側に不利な条約
・日英和親条約締結
・日露和親条約締結
1855年安政2年・日蘭和親条約締結
・日仏和親条約締結
・安政江戸地震発生
1856年安政3年・アメリカ総領事ハリスが下田に着任。
・吉田松陰が松下村塾を開く。
1857年安政4年
1858年安政5年家茂・井伊直弼、大老になる。
・日米修好通商条約調印
・安政の大獄(~1859) →吉田松陰、橋本左内らが井伊直弼により処刑される。
1859年安政6年
1860年安政7年
万延元年
・桜田門外の変 →水戸の脱藩藩士らが井伊直弼を暗殺
1861年文久元年・アメリカ総領事通訳ヒュースケンが暗殺される
1862年文久2年・生麦事件 →薩英戦争の引き金となる
・坂下門外の変→尊攘派の水戸浪士が老中安藤信正を襲撃した事件
1863年文久3年・下関事件 → 長州藩がアメリカ/フランス/オランダの船を砲撃する
・高杉晋作、奇兵隊を創設する
・薩英戦争
・近藤勇らが新撰組を作る。
1864年文久4年
元治元年
・池田屋事件
・禁門の変
・第一次長州征討
・四国連合艦隊下関砲撃事件
1865年元治2年
慶応元年
1866年慶応2年慶喜・薩長秘密同盟
・第二次長州征討
1867年慶応3年明治天皇・坂本龍馬が船中八策を作る
・土佐藩が徳川慶喜に大政奉還を建白する
・大政奉還→政治を行う役割を朝廷に返還。
・近江屋事件→坂本龍馬と中岡慎太郎が暗殺される
・王政復古の大号令を発する
1868年慶応4年
明治元年
・戊辰戦争(~1869年)→新政府軍 対 幕府軍

江戸時代の年表 まとめ

将軍・天皇・年号・出来事がすべてわかる年表を紹介しました。 覚えた日本史の人物や出来事を整理したり、流れを確認したりするのに便利だと思いますので、ぜひ活用してください。