日本の産業革命《まとめ》中学受験

目次|メニュー




産業革命とはどういうものか?

機械で大量生産をするもので機械を使って工場を経営する資本家とそこで働く労働者が必要である。

日本の産業革命と公害問題

第一次産業革命

1880年代中頃から
軽工業、繊維産業の発展
製糸・紡績中心に機械化された。
問屋制家内工業、マニュファクチュア

第二次産業革命

1890年代中頃から(日清戦争前後)から
重工業の発展
製鉄・造船・機械工業が成立した。
戦争に勝つためには兵器が必要がある。重工業は軍需中心となり鉄が大切である。

官営[八幡製鉄所]の建設

1901年
下関条約]で得た賠償金をもとに北九州に建設、操業開始。
重工業が発展した。

公害問題

足尾銅山]鉱毒事件(栃木県)
(1900年前後に発生)
渡良瀬川が汚染、流域の住民に被害
地元の衆議院議員[田中正造]が問題解決に尽力した。