本会議と委員会の要点と常任委員会・特別委員会の一覧|中学公民・政治

目次|メニュー




本会議と委員会、常任委員会・特別委員会の一覧

本会議と委員会の要点と常任委員会・特別委員会の一覧|中学公民・政治

国会で行われる会議についての要点を解説していきます。 よくニュースなどで聞く予算委員会や本会議と言われているものです。

テレビでは、大きな部屋で大人数で行われている会議映像や少人数で狭い部屋で行われている会議の映像を見たことがあると思います。

これらは、国会の中でも本会議(大きな部屋、大人数)と委員会(小さな部屋、少人数)に分けられているためです。

今回はこれらのことについて学んでいきましょう。

「委員会」と「本会議」

国会の会期中に行われる会議は、「委員会」と「本会議」に分かれます。

国会で何かを議論する場合はまず衆議院・参議院それぞれの「委員会」で話合われ、その後「本会議」での議論に移ります。

国会に出された法律案などの議案は、まず、専門の委員会で審議され、その結果が本会議に回されます。

委員会では、必要に応じて外部から議案に関係ある知識に詳しい専門家を呼んで、専門家の意見を聞く、公聴会(こうちょうかい)を開く場合があります。

法案の可決、議案の可決などを行っているのは、本会議です。

本会議では、委員会での審議を参考にして、本会議で討論をして審議を行い、本会議での審議の後に多数決で採決をされます。 本会議は、公開が原則となっているため、テレビ中継などもされます。

委員会と本会議の流れ

誰でも聞いたことがある予算委員会を例に流れを見ていきましょう。

予算はまず、内閣が予算案を決めるところから始まり、

衆議院の予算委員会

衆議院の本会議

参議院の予算委員会

参議院の本会議

という流れになっています。

参議院の本会議で可決(出席議員の半数以上が賛成)されれば、その案は成立ということになります。

委員会

委員会には常任委員会と特別委員会の2種類があります。

常任委員会

常任委員会は、国会法に規定された常設の委員会で、現在、衆議院においては、17の委員会があります。
常任委員会は、付託された法律案などの案件を審査し、また、議長の承認を得てその所管に属する事項につき国政に関する調査を行います。

特別委員会

特別委員会は、特に必要があると認めた案件又は常任委員会の所管に属しない特定の案件を審査するため、国会ごとに設置される委員会です。
特別委員会は、本会議の議決によって、名称、委員数、設置の目的を定めて設置されます。

本会議

本会議は、議員全員の会議であり、議院の意思はここで決定されます。国会の本会議は衆議院・参議院個別に開かれます。本会議は、公開が原則であり、本会議を開くには総議員の三分の一以上の出席が必要です。その議事は特別の場合を除いて出席議員の過半数の賛成で決められます。

議員の議席の指定は議長に権限があります。

衆議院では、議長から見て

右側に与党

左側に野党

が座り、与党内と野党内において議席数が多い会派が議長から見て右側に座ります。

参議院では、議席の中央を大会派が占め、その左右に小会派が位置する。

当選回数が少ない議員が前列に座り、

当選回数が多い議員ほど後列に座ります。

日本の国会の常任委員会

常任委員会は法律・条例であらかじめその設置が規定され、衆議院・参議院の各々に17の常任委員会が設置されています。

官職を兼ねる者を除いて、すべての議員が必ずいずれかの委員会に所属することになっていますが、政党の要職に就いている議員は国家基本政策委員会に、総理大臣や議長経験者は懲罰委員会に所属することが慣例となっています。

衆議院と参議院の常任委員会 一覧

衆議院の常任委員会員数参議院の常任委員会員数
1内閣委員会40内閣委員会20
2総務委員会40総務委員会25
3法務委員会35法務委員会20
4外務委員会30外交防衛委員会21
5財務金融委員会40財政金融委員会25
6文部科学委員会40文教科学委員会20
7厚生労働委員会40厚生労働委員会25
8農林水産委員会40農林水産委員会20
9経済産業委員会40経済産業委員会21
10国土交通委員会45国土交通委員会25
11環境委員会30環境委員会20
12安全保障委員会30国家基本政策委員会20
13国家基本政策委員会30予算委員会45
14予算委員会50決算委員会30
15決算行政監視委員会40行政監視委員会30
16議院運営委員会25議院運営委員会25
17懲罰委員会20懲罰委員会10

衆議院と参議院の特別委員会 一覧

特別委員会は、国会の会期(閉会中の期間を含む)ごとに国会・議会の議決により設置されます。

つまり、「その国会の会期のみに設けられた”特別な委員会”」です。

これらの委員会の個別の名称は法令に規定されていません。

例として2016年の特別委員会を見てみましょう。

2016年の「第192回臨時国会」の特別委員会一覧

衆議院の特別委員会員数参議院の特別委員会員数
1災害対策特別委員会40災害対策特別委員会20
2政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会40沖縄及び北方問題に関する特別委員会20
3沖縄及び北方問題に関する特別委員会25政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会35
4北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会25北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会20
5消費者問題に関する特別委員会35政府開発援助等に関する特別委員会30
6科学技術・イノベーション推進特別委員会35消費者問題に関する特別委員会25
7東日本大震災復興特別委員会45東日本大震災復興特別委員会40
8原子力問題調査特別委員会40環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会45
9地方創生に関する特別委員会40
10環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会45

まとめ

『本会議と委員会の要点と常任委員会・特別委員会』を紹介しました。

上記のポイントをシンプルにまとめるとこの様になります。

国会の会議は、

議案を少人数で専門家を交えて話し合う「委員会」

議案を議員全員の会議で採血する「本会議」

委員会には衆参それぞれに

「常任委員会」

「特別委員会」がある。