日本国憲法の要点まとめ|中学公民

目次|メニュー




日本国憲法の要点まとめ|中学公民

日本国憲法の要点まとめ|中学公民

中学公民テストに頻出する憲法関連の要点まとめです。基本的なことばかりですので、ここに掲載されている内容はしっかり学んでおきましょう。

大日本帝国憲法について

・明治時代に制定

・主権:天皇主権

・国民(臣民)の権利は「法律の範囲内」で認められた

日本国憲法の要点

憲法は、その国の最高の法律で『最高法規』です。憲法に違反している法律があれば、その違反している法律は無効とされます。

法律は内閣が制定します。

公布と施行の年月日

・公布:1946年11月3日

・施行:1947年5月3日

日本国憲法の三大原理

  1. 国民主権
  2. 平和主義:前文と第9条
  3. 基本的人権の尊重

国民主権

日本国憲法では、主権者は日本国民であると、明確に宣言されています。

政治の決め方は、国民からの選挙で選ばれた議員を代表者として、議員を通して議会で政治が決まります。

このように、議会を通して政治を決める方式を議会制民主主義(ぎかいせい みんしゅしゅぎ)と言い、また、間接民主制(かんせつ みんしゅせい)とも言います。

基本的人権

人間として当然もっている基本的な権利のことです。

日本国憲法は、思想・表現の自由などの自由権、生存権などの社会権、参政権、国・公共団体に対する賠償請求権などの受益権を基本的人権として保障しています。

  1. 自由権法律に反しない限り国民の自由が保障されていることを言います。
  2. 社会権人間らしい生活を国が保障する権利を言います。
  3. 平等権すべての日本国民は法の下の平等であって、性別や人種・思想によって差別を受けることのない権利を持っています。
  4. 参政権:国民が直接、または政治家を通じて間接的に政治に参加する権利のことです。
  5. 請求権裁判を受ける権利や国に賠償を求めるなど権利のことです。
  6. 身体の自由:犯罪をして逮捕されるときなどをのぞけば、体を不当に拘束されない、という権利です。 法律によらなければ、逮捕はされません。
  7. 精神の自由:思想・良心の自由、表現の自由、信教の自由や、学問の自由 などがあります。
  8. 経済活動の自由:職業選択の自由などがあります。

国民の三大義務

  1. 子どもに教育を受けさせる義務 
  2. 勤労の義務
  3. 納税の義務

日本国憲法改正の手続き(第96条)

  1. 衆参両議院で総議員の3分の2以上の賛成
  2. 国会が憲法改正を発議
  3. 国民投票を行い、有効投票の過半数の賛成があれば、改正案が成立
  4. 天皇が国民の名において公布

天皇の国事行為

※すべて内閣の助言と承認にもとづく

  1. 国会を召集すること
  2. 法律を公布すること
  3. 衆議院を解散すること
  4. 内閣総理大臣を任命すること
  5. 最高裁判所長官を任命すること

参考:日本国憲法の前文

《日本国憲法の冒頭に書かれている前文(ぜんぶん)を紹介します。》

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民(しょこくみん)との協和(きょうわ)による成果と、わが国(くに)全土(ぜんど)にわたって自由のもたらす恵沢(けいたく)を確保し、政府の行為によって再び戦争の惨禍(さんか)が起る(おこる)ことのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存(ぞん)することを宣言(せんげん)し、この憲法を確定する。

そもそも国政は、国民の厳粛(げんしゅく)な信託によるものであって、 その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使(こうし)し、その福利(ふくり)は国民がこれを享受(きょうじゅ)する。 これは人類普遍(じんるいふへん)の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づく(もとづく)ものである。 われらは、これに反する一切の憲法、法令(ほうれい)及び(および)詔勅(しょうちょく)を排除する。

日本国民は、恒久(こうきゅう)の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高(すうこう)な理想を深く自覚するのであって、 平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

われらは、平和を維持し、専制と隷従(れいじゅう)、圧迫(あっぱく)と偏狭(へんきょう)を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたい(しめたい)と思う。 われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏(けつぼう)から免れ(まぬかれ)、平和のうちに生存する権利を有する(ゆうする)ことを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであって、政治道徳の法則は、普遍的(ふへんてき)なものであり、この法則に従う(したがう)ことは、自国の主権を維持(いじ)し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務(せきむ)であると信ずる。

日本国民は、国家の名誉(めいよ)にかけ、全力をあげて この崇高(すうこう)な理想と目的を達成することを誓う(ちかう)。

(以上、前文)

日本国憲法 まとめ

以上 日本国憲法についての要点を紹介しました。 中学公民では試験に頻出する必須の事項ばかりですのでしっかり覚えておきましょう。

日本国憲法の三大原理、国民の三大義務は確実に覚えておきましょう。天皇の国事行為や憲法改正の手続きもとても重要ですのでしっかり学んでいってください!