気体の性質の要点まとめと特徴一覧表|中学理科・中学受験

目次|メニュー




気体の性質の要点まとめと特徴一覧表|中学理科・中学受験

気体の性質の要点まとめと特徴一覧表|中学理科・中学受験

中学受験や中学校の試験などに出題される 気体の性質や特徴の要点をまとめて一覧にしました。 このページの後ろの方には一覧表もあります。

テスト対策やテスト直前のチェックにお使いください。

中学受験に挑戦する小学生もここでしっかり学んでおきましょう。

一覧表で学習したい方は、印刷用をお使いください。

『気体の性質と特徴一覧表』の無料学習プリント

空気の成分の割合は?

地球の大気の成分は、

窒素が 78.09%

酸素が 20.95%

アルゴンが 0.93%

二酸化炭素が 0.04%

です。

気体の発生方法と性質

酸素

酸素はものが燃えるのをたすける性質がある。

性質:

無色・無臭

密度は空気より少し大きい

助燃性

水に溶けにくい

集め方:水上置換法

酸素は水に溶けにくいため。

発生方法:
二酸化マンガンにオキシドール(うすい過酸化水素水)を加える。

※ 助燃性:ものを燃やすのを助ける働きをもっている。

二酸化炭素

性質:
無色・無臭

空気より密度が大きい。

水に少しとける

石灰水を白くにごらせる

集め方:水上置換法か下方置換法

空気より密度が大きいので下方置換法で集めることができる。また、水に少ししか溶けないので水上置換法でも集めることができる。

発生方法:
石灰石(または貝がら)にうすい塩酸を加える。

水素

性質:

無色・無臭

最も軽い

すべての気体の中で最も密度が小さい。

水にほとんどとけない

可燃性(燃えやすい)

集め方:水上置換法

水にほとんどとけないので水上置換法で集めることができる。

発生方法:
亜鉛などの金属にうすい塩酸(または硫酸)を加える

※ 可燃性:気体自身が燃える働きをもっている。

アンモニア

性質:

無色・刺激臭

空気より密度が小さい。

水によくとける

水溶液はアルカリ性を示す。

集め方:上方置換法

水に非常にとけやすく、空気より軽いので上方置換法で集める。

発生方法:

塩化アンモニウムと水酸化カルシウムを混ぜて加熱する。
または、アンモニア水を加熱しても得られる。

窒素

性質:
無色・無臭

密度は空気より少し小さい。

水に溶けにくい。

空気中に約78%の割合で含まれている。

集め方:水上置換法

発生方法:空気を蒸留する。

気体の特徴 まとめ

中学の範囲では、色のついた気体は塩素だけ。ほとんどの気体は無色
塩素は黄緑色をしている。

におい

中学の範囲では、においのない気体が多い。

刺激臭 アンモニア、塩素、塩化水素

腐卵臭 硫化水素

空気と比べた重さ

空気は主に酸素と窒素でできていて、酸素は空気より少し重く、窒素は少し軽い。
最も軽い気体は水素で空気よりも非常に軽い気体です。

空気より重い気体 :

酸素、二酸化炭素、塩化水素、塩素、硫化水素

空気より軽い気体:

窒素、アンモニア、水素、メタン

水に溶けるかどうか

水に溶ける :

二酸化炭素(少し)、アンモニア、塩化水素、塩素、硫化水素

水に溶けにくい :

酸素、窒素、水素、メタン

水に溶ける気体の水溶液の性質

酸性:二酸化炭素、塩化水素、塩素、硫化水素

アルカリ性 :アンモニア

気体の集め方

水上置換法

水にとけにくい気体の集め方。

二酸化炭素・水素・窒素

上方置換法

水にとけやすく空気より密度が小さい気体の集め方。

アンモニア

下方置換法

水にとけやすく空気より密度が大きい気体の集め方。

二酸化炭素

気体の特徴一覧表

におい重さ
(空気にくらべて)
水に溶けるか水溶液の性質集め方
水素なしなし軽い溶けにくい水上置換法
酸素なしなしすこし重い溶けにくい水上置換法
二酸化炭素なしなし重い少し溶ける酸性下方置換法
水上置換法
アンモニアなし刺激臭軽い溶けやすいアルカリ性上方置換法
窒素なしなし少し軽い溶けにくい水上置換法
塩化水素なし刺激臭重い溶けやすい酸性下方置換法
塩素黄緑色刺激臭重い溶けやすい酸性下方置換法
メタンなしなし軽い溶けにくい水上置換法
硫化水素なし腐卵臭少し重い溶けやすい酸性下方置換法

以上、『気体の性質の要点まとめと特徴一覧表|中学理科・中学受験』を紹介しました。

一通り覚えたら「気体の特徴一覧表」を使って性質や特徴を整理しましょう。

一覧表を印刷したいときはこちらをどうぞ。

『気体の性質と特徴一覧表』の無料学習プリント