7種類の重要な代名詞一覧【英語まとめ】全種類:人称・所有・再帰・指示・関係・不定・疑問

目次|メニュー




7つの重要代名詞一覧【英語まとめ】全種類:人称・所有・再帰・指示・関係・不定

7つの重要代名詞一覧【英語まとめ】全種類:人称・所有・再帰・指示・関係・不定

代名詞とは?

代名詞は、「名詞の代わりをするもの」という意味で、人・事物・場所などを指示するのに使います。

代名詞の種類にはいくつかあり、I、you、heなどのように人を示す代名詞を人称代名詞といったり、this、thatのように事・物を指し示す代名詞を指示代名詞といったりします。

代名詞には以下のような種類があります。

  • 人称代名詞
  • 所有代名詞
  • 再帰代名詞
  • 指示代名詞
  • 不定代名詞
  • 疑問代名詞
  • 関係代名詞

ここでは、これらの代名詞7種類を学んでいきましょう。

人称代名詞

人称代名詞とは、「人」についての代名詞です。

人称(1人称「私」/2人称「あなた」/3人称「彼」など)・性別・数による区別があり、主格・所有格・目的格など文章中での使われ方によってその形が変化します。

話し手から近い順序に従って第1人称、第2人称、第3人称と呼びます。

【人称代名詞 早見表】

主格
~は/が
所有格
~の
目的格
~を/に
1人称単数Imyme
2人称単数youyouryou
3人称単数(男)hehishim
3人称単数(女)sheherher
3人称単数(物)ititsit
1人称複数weourus
2人称複数youyouryou
3人称複数theytheirthem
人物名(参考例)KenKen’sKen

所有代名詞・再帰代名詞

所有代名詞とは、「所有物」を表す代名詞です。

再帰代名詞とは、人称代名詞の所有格(my, her, yourなど)や、目的格(you, her, him, them, itなど)の後ろに、-selfや-selvesと付ける代名詞のことを言い、「〜自身が」のように主語を再帰的に表す時に用います。

また、「所有代名詞」と「再帰代名詞」というものも人称代名詞に含まれます。

【所有代名詞と再帰代名詞 早見表】

所有代名詞
~のもの
再帰代名詞
~自身
1人称単数minemyself
2人称単数yoursyourself
3人称単数(男)hishimself
3人称単数(女)hersherself
3人称単数(物)なしitself
1人称複数oursourselves
2人称複数yoursyourselves
3人称複数theirsthemselves
人物名(参考例)Ken’shimself (男)

herself (女)

指示代名詞

指示代名詞とは、「物」についての代名詞です。

【指示代名詞 早見表】

指示代名詞意味
thisこれ、こちら
thatあれ、あちら
itそれ、そちら
theseこれら
thoseあれら
theyそれら

関係代名詞

関係代名詞とは、人や物について詳しい説明を加えるときに使います。

関係代名詞によって二つの文章を接続します。

関係代名詞は先行詞(人や物など)とその格によって何になるかが決定されます。

先行詞とは関係代名詞の前に来て、関係代名詞を含む節が修飾する名詞のことを言います。

【先行詞と関係代名詞 早見表】

先行詞/格主格所有格目的格
whowhosewhom
人以外whichwhosewhich
すべて(※)thatなしthat

(※)先行詞が人、人以外のどちらでも使える

不定代名詞

不定代名詞とは、不特定の「人・もの・数量」などを表すときに使います。

不特定代名詞は、「不特定の」というところがポイントです。

【不定代名詞 早見表】単一語

不定代名詞意味
allすべて

すべて のもの

each各自
any何でも
eitherどちらか一方
one一つ
anotherもう一つのもの
both両者
everyすべての
some多少
neitherどちらも ~ でない
none何一つ ~ ない
otherほかのもの

【不定代名詞 早見表】複合語

不定代名詞意味
anybodyだれでも
nobodyだれも ~ ない
anything何でも
nothing何も ~ ない
anyoneどれか一つ
no one誰も ~ ない
everybody誰も

誰もみな

somebodyある人
everything何でもみな
something何か
everyone皆さん
someoneある人

不定代名詞には

one、other、another、several、some、any、all、both、each、either、neither、no、none、neitherのほか、

複合語として、someone、anyone、no one、everyone、somebody、anybody、nobody、everybody、something、anything、nothing、everything

などがあります。

疑問代名詞

疑問代名詞とは、「疑問」の意味を表す代名詞です。

who(だれ)、what(何)、which(どちら)の3つがあり、whoは 「 人 」、 which と what は 「 人 」「 物 」 に用いられます。

疑問代名詞 早見表】

人(だれ)人・物(なに)人・物(どちら)
主  格whowhatwhich
所有格whose――――
目的格whomwhatwhich

以上、『7つの重要代名詞一覧』を紹介しました。

関係代名詞には以下の7種類があることがわかりました。

人称代名詞・所有代名詞・再帰代名詞・指示代名詞・不定代名詞・疑問代名詞・関係代名詞

これらの言葉だけを聞くと難しく感じてしまいますが、意味が分かればを理解しやすいはずです。種類が7つもありますが単語の総数は多くありません。難しい言葉に惑わされずにしっかり学習していきましょう。