試験にでる『気候10種類』『気候帯5種類』一覧《超まとめ》

目次|メニュー




《超まとめ》試験にでる『気候』10選

《超まとめ》試験にでる『気候』|[気候帯5種類]と[気候10種類]一覧




試験に出る《超まとめ》シリーズ気候編です。

覚えるのは気候10種類 と 気候を分類する気候帯5種類です。
ちょっと意味がわからないかもしれませんが、簡単です。

熱帯や寒帯などの気候の地域が5つあって、その地域の中にそれぞれ、いくつかの気候があるということです。

説明するより、下の一覧を見たほうが早いかもしれません。

では見ていきましょう。

世界の気候帯

まずはじめに、気候の区域/地域から始めましょう。

大きく分けて5つあります。何となく意味がわかるので簡単に覚えられとおもいます。5つあるということをしっかり覚えてください。

地球を5つのエリアに大分類したわけですね。

  1. 熱帯
  2. 乾燥帯
  3. 温帯
  4. 冷帯
  5. 寒帯

それぞれの詳細を完結にまとめていきます。





熱帯

赤道直下、北回帰線と南回帰線にはさまれた地域。
最寒月でも気温が18°以上の地域。

1. 熱帯雨林気候

一年中 高温多雨。

熱帯雨林(ジャングル)が広がっている。

2. サバナ気候

熱帯雨林気候の周囲にある気候。

雨季乾期がある。

サバナ(草原)が広がっている。

乾燥帯

雨が非常に少なくて,樹木はほとんど生育しない。

山脈に囲まれた内陸地方に多い。

3. 砂漠気候

降水量が少ない。

1日の気温差が大きい。

4. ステップ気候

少量の雨が降る。

ステップ(短い草の草原)がみられる気候。






温帯

温暖で四季がある。

5. 温暖湿潤気候

大陸の東側にある。

一年中雨が多い

季節風モンスーン)が吹く

6. 西岸海洋性気候

大陸の西側にある。

暖流偏西風の影響で気温と降水量の変化が小さい

7. 地中海性気候

夏の降水量が少く高温のため乾燥する。

冬は降水が多い。

冷帯(亜寒帯)

北半球の北部の大陸にだけみられる気候。

8. タイガ気候

タイガ針葉樹林)が広がる地域の気候






寒帯

平均気温が10°未満の地域。

北極海岸一帯と北極海,グリーンランドおよび南極大陸の地域

9. ツンドラ気候

平均気温が0~10℃の気候。

夏に植物が生息する。

10. 氷雪気候

地球上で最も寒冷な気候。

平均気温が0℃以下。

植物が生息しない

1年中におおわれている。






まとめ

おさらいように、さらにシンプルにまとめたのが下の一覧です。

熱帯

1. 熱帯雨林気候
2. サバナ気候

乾燥帯

3. 砂漠気候
4. ステップ気候

温帯

5. 温暖湿潤気候
6. 西岸海洋性気候
7. 地中海性気候

冷帯(亜寒帯)

8. タイガ気候

寒帯

9. ツンドラ気候
10. 氷雪気候

聞いたことある名称が結構あると思いますがいかがでしょうか?
最初にも書いたように覚えることは気候帯5種類気候10種類です。
しっかり覚えていきましょう。