頻出!『三文字熟語』まとめ一覧表

目次|メニュー




頻出!『三文字熟語』まとめ一覧表

頻出!『三文字熟語』まとめ一覧表

テストに頻出の三文字熟語をまとめて一覧表にしました。直接問題として出題されることは少ないですが、文章に問題などに多く散りばめられています。

また、よく使う言葉が多数あるので、ボキャブラリーを増やすために覚えておくことをオススメします。

意外と知らない言葉や意味を間違えて覚えているということも多くありますので、復習のいいも込めて確認してみてください。

『三文字熟語』一覧表


・合言葉(あいことば) 味方どうしが前もって決めてある合図の言葉。
・青写真(あおじゃしん)青地に白線であらわす複写写真。物事の大まかな予定や計画。
・青二才(あおにさい)若い未熟な男。
・悪趣味(あくしゅみ)品がなく、洗練されていない。また、そのような趣味。
・悪循環(あくじゅんかん)物事が互いに関係しあってますます状態が悪くなること。
・悪条件(あくじょうけん)物事をするのに不利となる事柄や状態。反対語:好条件
・商三年(あきないさんねん)商売は三年辛抱すれば軌道にのるものである。
・浅知恵(あさじえ)あさはかな考え。
・阿修羅(あしゅら)古代インドの神の一族。闘争を好み地下や海底に住むといわれている。
・姐御肌(あねごはだ)気性がさっぱりしていて面倒見がよい女性。
・天邪鬼(あまのじゃく)いつも人に逆らう人。ひねくれ者。
・雨模様(あまもよう)今にも雨が降り出しそうな空のようす。
・現人神(あらひとがみ)この世に人となって現れた神。
・荒療治(あらりょうじ)手荒く治療すること。思い切った改革。
・安楽死(あんらくし)助かる見込みのない者を、本人の承諾を得て苦しめずに息を引き取らせること。


・意気地(いくじ)物事をやりぬこうとする気力。
・依怙地(いこじ)つまらないことに意地を張ること。(意固地とも書く)
・偉丈夫(いじょうふ)身体が大きく逞しい男。
・居丈高(いたけだか)人を威圧するような態度をとること。
・韋駄天(いだてん)足の速い人。バラモン教の神様。
・一人物(いちじんぶつ)見識のある立派な人。
・一大事(いちだいじ)重大な事態や事件。
・一見識(いちけんしき)しっかりした考え。
・一人前(いちにんまえ)一人分。大人として扱われること。人並みの能力。反対語:半人前(はんにんまえ)
・一角獣(いっかくじゅう)額に一角を持つ想像上の動物。ユニコーン。
・一目散(いちもくさん)わき目もふらずに一生懸命走るようす。
・一家言(いっかげん)その人独特の主張や意見。
・一隻眼(いっせきがん)物を見抜く力のある特別な見識。
・一張羅(いっちょうら)とっておきの上等な一枚の着物
・一辺倒(いっぺんとう)ひとつのものだけに傾向すること。
・一本気(いっぽんぎ) 一途に思いこむこと。
・居留守(いるす)家にいるのに、いない振りをすること。
・色眼鏡(いろめがね)先入観、偏見をもった見方や考え方。


・氏素性(うじすじょう)家柄。家系。
・内弁慶(うちべんけい)家の中でばかり強がって、外へ出ると意気地がないこと。
・有頂天(うちょうてん)大喜びして我を忘れるさま。)
・絵空事(えそらごと)現実にはあり得ないこと。ありもしないうそ。
・燕尾服(えんびふく)男性の礼服の一つ。裾が燕の尾のようなのでそう呼ばれる。


・往生際(おうじょうぎわ)死にぎわ。あきらめなければならなくなった時の態度や状況。
・大海原(おおうなばら)広々とした海。
・大袈裟(おおげさ) 実際より大変な事のように見せかけること。
・大御所(おおごしょ)その道の第一人者として大きな勢力をもつ人。
・大雑把(おおざっぱ)細かいことにこだわらないこと。
・幼馴染(おさななじみ)幼いときから親しくしている友人・知人。
・御転婆(おてんば)男の子のように活発な少女。
・音沙汰(おとさた)様子の知らせ。便り。消息。
・十八番(おはこ)もっとも得意な芸や技のこと。じゅうはちばん。
・表沙汰(おもてざた)隠しておきたいことが、世間に公然と知れわたること
・親分肌(おやぶんはだ)人の面倒をよくみて頼りになるような気性で、周囲から頼られる人。
・折紙付(おりがみつき)そのものの価値・資格などに定評のあること。保証すること。確かなもの。


・怪文書(かいぶんしょ)不正や悪事などを暴露した出所不明の文書。
・案山子(かかし) 田や畑などの中に設置して鳥獣の被害を追い払う人形。
・陰日向(かげひなた)人の見ているときと見ていないときとで言動かわること。
・影武者(かげむしゃ)敵をだますために重要人物とよく似た風貌や服装で身代わりになる人。
・風見鶏(かざみどり)にわとりの形をした風向計。意見や態度をころころ変える人。
・片意地(かたいじ)頑固に自分の意見を主張すること。
・過不及(かふきゅう)適度でないこと。類義語:過不足(かふそく)
・過保護(かほご)子育てるとき、必要以上に大事にすること。甘やかすこと。
・紙一重(かみひとえ)ほんの少しの差。わずかな違い。
・空元気(からげんき)うわべだけの元気。
・皮算用(かわざんよう)まだ実現するかどうかわからないうちに、実現を当てにして計算すること。
・間一髪(かんいっぱつ)事態が非常に切迫していているさま。その寸前のところ。
・感無量(かんむりょう)感動で胸がいっぱいになこと。


・生一本(きいっぽん)純粋で混じりけのないこと。一途に物事に打ち込んでいくさま。
・気丈夫(きじょうぶ)気持ちが強くしっかりしているさま。
・几帳面(きちょうめん)物事を隅々まできちんとすること。
・既得権(きとくけん)既に手に入れている権利のこと。
・急先鋒(きゅうせんぽう)真っ先に先頭に立って行動したり、主張したりすること。
・金字塔(きんじとう)後世に残るすぐれた業績。ピラミッドのこと。


・下克上(げこくじょう)地位の低い者が高い者を押しのけて権力を奪い取ること。
・下手物(げてもの)粗雑な安物の工芸品や異様で風変わりなもの。
・下馬評(げばひょう)世間での評判や批評。噂。
・外連味(けれんみ)はったりやごまかしをすること。
・原動力(げんどうりょく)活動を起こすもとになる力。


・紅一点(こういってん)多くのものの中で、ただ一つ異彩を放つもの。男性たちの中の唯一の女性のこと
・好好爺(こうこうや)人のいいおじいさんのこと。

・硬骨漢(こうこつかん)意志信念が強く、権力に屈せず、主義・主張を曲げない男。

・好事家(こうずか)珍しい物事に興味をもつ人。物好きな人。
・小細工(こざいく)すぐそれと分かってしまうような考えのない浅はかな策略。
・後日談(ごじつだん)ある事件や物語などが一段落ついた後の話。
・御破算(ごはさん)物事の進行の途中で、それを破棄して白紙の状態に戻すこと。
・破落戸(ごろつき)ならず者。悪者。


・最高潮(さいこうちょう)雰囲気や感情などが最も高まった状態。クライマックス。

・匙加減(さじかげん)薬の調合の具合。料理の味つけの具合。手加減。
・殺風景(さっぷうけい)美しさや趣きが何もない景色。目を楽しませるものがないこと。

・茶飯事(さはんじ)日常のありふれたこと。ごくありふれたこと。
・五月雨(さみだれ)陰暦5月頃に降る長雨。梅雨どきの雨のこと。
・猿芝居(さるしばい)浅はかなたくらみ。下手な芝居。
・猿真似(さるまね)考えもなく、むやみに他人のうわべだけまねること。


・直談判(じかだんぱん)当事者同士が直接話し合うこと。相手と直接にかけあうこと。

・自堕落(じだらく)だらしないこと。
・地団駄(じだんだ)くやしがって、激しく足を踏み鳴らすこと。
・七福神(しちふくじん)七人の福徳の神。(恵比寿・大黒天・毘沙門天・弁財天・福禄寿・寿老人・布袋)

・集大成(しゅうたいせい)たくさんのもの広く集めて、一つのものとして完成すること。
・守銭奴(しゅせんど)金銭の欲の強い人間。金を集めることに執着する人。ケチ。
・修羅場(しゅらば)むごたらしい闘争、戦いの場。
・松竹梅(しょうちくばい)松と竹と梅。祝い事の景物などに使われる。三階級に分けた等級名として用いる。
・正念場(しょうねんば)その人の真価を問われる大事な場面。重要な局面。

・真骨頂(しんこっちょう)そのものに本来備わった真実の価値。真価。本来の姿。
・神通力(じんつうりき)何事も自由自在になしうる力。神がかり的な能力。
・新天地(しんてんち)新しい世界。新しい活動の場。

・助太刀(すけだち)手助けをすること。


・正攻法(せいこうほう)正面から堂々と攻めるやり方。

・赤裸裸(せきらら)包み隠しのないこと。ありのまま。まるはだか。
・世間体(せけんてい)世間の人に対する体面・体裁。 包み隠しのないこと。
・瀬戸際(せとぎわ)勝つか負けるか、生きるか死ぬかの分かれ目。運命のわかれめ。
・善後策(ぜんごさく)事件などの後始末をうまくつける方策。
・千秋楽(せんしゅうらく)演劇や相撲などの興行の最終日。演劇などの興行の最終日。
・前哨戦(ぜんしょうせん)本格的な活動に入る前の手始めの活動。

・先入観(せんにゅうかん)初めに知ったことによって作られた固定的な観念。

・千里眼(せんりがん)遠隔地の出来事を感知できる・見通す能力のこと。

・俗世間(ぞくせけん)一般の人々が暮らす日常の世の中。


・大往生(だいおうじょう)安からに一生を終えること。

・大黒柱(だいこくばしら)家の中央にある特別に太い柱。一家や団体を支える中心人物。
・太鼓判(たいこばん)太鼓のように大きな印判という意味。確実な保証のこと。
・醍醐味(だいごみ)本当のおもしろさ。深い味わい。

・大大的(だいだいてき)大がかりに物事をするさま。
・大団円(だいだんえん)小説や芝居などで、めでたくおさまる最後の局面。

・高飛車(たかびしゃ)相手に対して高圧的な態度をとること。威圧的な態度。

・多数決(たすうけつ)物事を決めるとき賛成者の多い意見によって決めること。
・立往生(たちおうじょう) 事故などで,電車や自動車が身動きのとれない状態になること。立ったままで死ぬこと。
・棚牡丹(たなぼた)思いがけない好運を得ること。

・断末魔(だんまつま)死にぎわの苦痛。死にぎわ。

・千鳥足(ちどりあし)酒に酔った人のふらふらとした足どり。
・致命傷(ちめいしょう)死の原因となる傷。再起できないほどの大きな失敗や損害。
・長広舌(ちょうこうぜつ)長々としゃべり続けること。
・張本人(ちょうほんにん)悪事や事件の起こるもとをつくった人。
・猪口才(ちょこざい)小生意気なこと。こざかしいこと。


・追体験(ついたいけん)他人の経験を作品などを通してたどり、自分の体験のようにとらえること。
・付焼刃(つけやきば)にわか仕込み。一時の間に合わせに物事を身につけること。


・低姿勢(ていしせい)相手に対して下手に出る態度。謙虚。

・出来心(できごころ)ふと起こった良くない考え。

・出鱈目(でたらめ)いい加減なこと。

・出不精(でぶしょう)外出することを面倒くさがること。


・桃源郷(とうげんきょう)俗世間を離れた世界。理想郷。
・唐変木(とうへんぼく)気がきかない人や偏屈な人のこと。
・逃避行(とうひこう)世間の目を避け、各地をあちこち渡り歩いたり、隠れ住んだりすること。
・登竜門(とうりゅうもん)成功へ至るまでの関門。

・度外視(どがいし)かまわないこと。問題にしないこと。
・得意顔(とくいがお)誇らしげな顔つき。

・土壇場(どたんば)首切り刑場の壇。物事が決定しようとする最後の瞬間・場面。
・土地勘(とちかん)その土地の地域、地形、習慣などの事情に通じていること。
・突拍子(とっぴょうし)調子はずれなこと。途方も無いこと。
・泥仕合(どろじあい)相手の欠点・失敗・秘密などを言い立てて非難しあう みにくい争い。

・丼勘定(どんぶりかんじょう)お金の出し入れが大雑把なこと。

・長丁場(ながちょうば)時間が長くかかる物事のこと。

・生意気(なまいき)一人前ではないのに、偉そうにすること。
・生半可(なまはんか)未熟。中途半端なこと。
・生兵法(なまびょうほう)十分身についていない兵法。未熟な知識。
・生返事(なまへんじ)はっきりしない返事。気のない返事。反対語:二つ返事
・並大抵(なみたいてい)普通のこと。ひととおり。

・二枚舌(にまいじた)嘘をいうこと。


・能天気(のうてんき)のんきで軽薄・浮ついていること。脳天気とも書く。
・野放図(のほうず)図々しく横着なこと。また、際限がないようす。

・裸一貫(はだかいっかん)自分の身体以外に、何の資本も持っていないこと。
・破天荒(はてんこう)前例のないこと。前代未聞
・破廉恥(はれんち)恥を恥とも思わないこと。
・半可通(はんかつう)知ったかぶりをする人。


・美丈夫(びじょうふ)美しく立派な男子。
・一筋縄(ひとすじなわ)安易なやり方。普通の方法。

・百人力(ひゃくにんりき)100人分を合わせたほどの力。人から助けを得て心強いこと。

・日和見(ひよりみ)有利な方につこうと形勢をうかがうこと。
・昼行灯(ひるあんどん)昼間に火をともしている行灯のように、ぼんやりしている人。間の抜けた人。

・貧乏神(びんぼうがみ)貧乏をもたらす神。

・風物詩(ふうぶつし)景色や季節をうたった歌。季節の感じを表しているもの。
・風来坊(ふうらいぼう)どこからともなくやって来る人。気まぐれな人。
・不得手(ふえて)得意でないこと。
・不穏当(ふおんとう)適切でないこと。おだやかでないこと。
・不可解(ふかかい)理解できないこと。
・不可逆(ふかぎゃく)一度変化したものが、再び元の状態に戻らないこと。
・不可欠(ふかけつ)なくてはならないこと。
・不可能(ふかのう)できないこと。
・不気味(ぶきみ)気味が悪いこと。
・不器用(ぶきよう)手先の細かい仕事が下手なこと。

・不謹慎(ふきんしん)つつしみのないこと。不真面目な態度。
・伏魔殿(ふくまでん)魔物が住んでいる殿堂。悪人が集まるところ。
・袋小路(ふくろこうじ)通り抜けることのできない小路。物事が行き詰まること。
・不合理(ふごうり)道理に合わないこと。矛盾していること。
・不心得(ふこころえ)心掛けが悪く、たしなみがないこと。
・不見識(ふけんしき)十分な見識がないこと。しっかりした考えや判断力がないこと。
・不細工(ぶさいく)出来具合が悪いこと。顔かたちが整っていないこと。
・不作為(ふさくい)あえて積極的な行為をしないこと。
・無作法(ぶさほう)礼儀作法がなってないこと。
・不始末(ふしまつ)後始末の悪いこと。不都合な行い。
・不死身(ふじみ)どんなに痛めつけられても弱らない身体。どんな困難にもくじけないこと

・不条理(ふじょうり)道理に反すること。筋道の通らないこと。

・不寝番(ふしんばん)一晩中、寝ないで番をすること。
・不世出(ふせいしゅつ)めったに世に現れないほど、すぐれていること。
・不退転(ふたいてん)どんな困難に出会っても、一度決めたことを最後まで貫き通すこと。
・仏頂面(ぶっちょうづら)無愛想な顔。ふくれっ面。

・筆不精(ふでぶしょう)面倒がって手紙や文章を書かない人。

・不如意(ふにょい)思いのままにならないこと。経済状態が苦しいこと。
・不文律(ふぶんりつ)文章に明記されていない法や規律。慣習法。

・冬将軍(ふゆしょうぐん)冬のきびしさを擬人化した表現。
・不養生(ふようじょう)健康に注意しないこと。
・不料簡(ふりょうけん)よくない考え。
・雰囲気(ふんいき)その場をつつむ空気・気分。
・分相応(ぶんそうおう)その人の身分にふさわしいこと。能力に見合っていること。

・別天地(べってんち)俗世間とかけはなれた素晴らしい世界。
・屁理屈(へりくつ)無理にこじつけた理屈。


・朴念仁(ぼくねんじん)口数の少ない無愛想な人。
・没交渉(ぼつこうしょう)交渉がないこと。かかわりあいのないこと。
・本調子(ほんちょうし)三味線の基本的な調弦法。その人本来の調子がでること。


・前口上(まえこうじょう)本題・本筋に入る前に述べる言葉。
・真面目(まじめ)誠実。本気。

・愛弟子(まなでし)特別に目をかけてかわいがっている弟子。
・真人間(まにんげん)正しい生き方をしているまじめな人間。
・眉唾物(まゆつばもの)真偽のうたがわしいもの。

・満天下(まんてんか)世の中全体。
・万年床(まんねんどこ)いつも敷きっぱなしにしてある寝床。


・巳已己(みいこ)間違いやすい字のこと。
・見巧者(みごうしゃ)物の見方が上手なこと。
・身支度(みじたく)服装を整えること。

・未曾有(みぞう)今までに一度もなかったこと。
・未知数(みちすう)程式などで数値の知られていない数。

・未亡人(みぼうじん)夫と死別し、再婚しないでいる女性。
・耳学問(みみがくもん)人から聞きかじって得た知識。


・昔気質(むかしかたぎ)古風な考えやしきたりを大事にしていること。
・無作為(むさくい)意図的に手を加えることなく、偶然にまかせること。
・無邪気(むじゃき)邪心のないこと。あどけなく、かわいらしいこと。
・無尽蔵(むじんぞう)いくら使っても尽きないほど多くあること。
・無造作(むぞうさ)あれこれ考えず気軽に物事をすること。
・虫時雨(むししぐれ)多くの虫が鳴く音を時雨の音に例えていう言葉。

・無神論(むしんろん)神の存在を否定する思想。
・無駄足(むだあし)せっかく足を運んだのに、そこでの目的が達せられないこと。
・無駄骨(むだぼね)結果として役に立たない努力や苦労。
・無定見(むていけん)自分の一貫した考え・意見をもっていないこと。
・無頓着(むとんちゃく)物事を少しも気にかけないこと。
・胸算用(むなざんよう)心の中で計画などの見積りを立てること。
・無辺際(むへんざい)果てしなく広いこと。


・目一杯(めいっぱい)ぎりぎりの限度まで。精一杯。
・名伯楽(めいはくらく)人物を見抜く眼力のある人。


・目論見(もくろみ) くわだて。計画。設計。
・門外漢(もんがいかん) その物事にうとい人。専門外の人。


・八百長(やおちょう) 一方が前もって負ける約束をしておいて、うわべだけの勝負を争うこと。
・役不足(やくぶそく)その人の力量に比べて役目が軽すぎること。
・疫病神(やくびょうがみ)疫病を流行させる神。人から忌み嫌われる人。
・野次馬(やじうま)人のあとについて無責任に騒ぐ人
・屋台骨(やたいぼね)屋台の骨組み。一家を支える人物。
・八千代(やちよ)八千年。極めて多くの年。
・藪医者(やぶいしゃ)治療も下手くそな医者。
・流鏑馬(やぶさめ)馬に乗って走りながら矢で的を射る競技。

・有意義(ゆういぎ) 意義があること。
・夢心地(ゆめごこち)夢を見ているような心持ち。


・用心棒(ようじんぼう)身辺を護衛する者のこと。

・楽天地(らくてんち)楽しさに満ち溢れた天国のような所。

・理不尽(りふじん)道理に合わないこと。無理をいうこと。
・両極端(りょうきょくたん)2つのものが極めてかけ離れていること。
・両成敗(りょうせいばい)争い事を起こした両者をともに処罰すること。


・類人猿(るいじんえん)猿の中で最も人間に近いもの。チンパンジー・ゴリラ・オランウータンなど。


・冷血漢(れいけつかん)人間らしい温かみや思いやりがない男。薄情な男。


・老婆心(ろうばしん):必要以上の親切心のこと。