受験を控える中学生へ明治維新の要点を確実に覚える《まとめ》

目次|メニュー




受験を控える中学生へ明治維新の要点を確実に覚える《まとめ》

受験を控える中学生へ明治維新の要点を確実に覚える《まとめ》

明治時代の問題は、受験でも多く取り入れられ国語に出てくる近代文学史の文豪も数多いため、中学1年から中学2年の復習問題集も押さえておくのがオススメ。現代社会の発展に繋がる礎ともいわれている明治時代の要点をまとめ確実に勉強し学修しましょう。

江戸時代から変革が起こった明治維新

明治時代は激動の時代となります。
ことの始まりは、1853年にペリーが浦賀(神奈川県横須賀市)に来たときから始まります。江戸幕府は鎖国をしていたため、外国の文化や風習は制限していました。

国の文化や技術が日本より上回っていたので当時の江戸幕府は開国するか、それとも鎖国して戦争をするか二つに意見が分かれ、王政復古の大号令を宣言し、戊辰戦争による旧幕府勢力の排除により大政奉還がなされました。そして、権力を確立した新政府(明治維新政府)は、薩摩・長州両藩出身の官僚層を中心に急進的な近代化政策を推進。そして、鎖国や江戸幕府の終焉を迎え、1854年日米和親条約を結び函館と下田の2港を開港しました。

江戸から東京へ明治時代の始まり

明治時代の幕が開けます。
1868年3月天皇が神に誓うという形で出された新政府の五箇条の御誓文に基づき、太政官の権力集中、三権分立主義、官吏公選などを規定。

江戸の幕藩体制の国から、近代国家へと移る際の政治・経済・社会の変革も訪れ。江戸から東京と改め、1869年に東京が首都となります。そして、天皇が東京に行幸し、政府も京都から東京へ移されることとなり、幕藩体制の崩壊に伴い、中央集権国家を確立。また、新政府は、版籍奉還で終わらずに廃藩置県を行い、改革の効果を高めていきます。
そして、身分制度も解放令により撤廃され、四民平等が制定されていきます。
武士の特権は失われ、差別をされていた人たちが平民としてあつかわれることとなりました。

こうして、明治時代の幕開けは同等な時代の流れを経て日本は変革していく事となります。

最後に

明治時代は日本の歴史の変革となり、国際社会との貿易も進み、産業・文化の変革だけではなく、近代的な学校制度ができ、外国語としての英語教育も導入され、教育の形も変わっていきました。

明治時代の問題は、自主学習といった家庭学習方法の幅も広がり、問題集や無料情報サイトなどのアプリを使うことでも、歴史だけではなく、社会・地理・公民の気になるネタを知ることで幅広い学習も可能となります。

明治時代についてはコチラをご覧ください。

《明治時代の要点まとめ》覚えた方がいい小学校・中学受験の社会
《日本史》明治時代のまとめです。激動の明治時代には日本を強い国にするための富国強兵や初めての国会がありました。時代の流れをしっかり覚えましょう。重要な部分だけを抜粋していますので中学受験や中学校での日本史に最適です。