スポンサーリンク
スポンサーリンク

複数の意味を持つ『いとをかし』と『いとあはれ』の意味一覧《原文/訳付き》

『いとをかし』『いとあはれ』違いと意味一覧《原文/訳付き》古文
『いとをかし』『いとあはれ』違いと意味一覧《原文/訳付き》
スポンサーリンク
スポンサーリンク

『いとをかし』『いとあはれ』の意味と使い方について紹介していきます。

 

平安時代の文学においては、「をかし」と「(ものの)あはれ」が重要な概念とされています。「をかし」は明るく知性的な美と言われるのに対し、「もののあはれ」はしみじみとした情緒の美と表現されます。

平安時代の文学の代表として『源氏物語』や『枕草子』があります。これらの文学において、「をかし」と「(ものの)あはれ」は重用な概念とされています。

『源氏物語』は「あはれ」の文学であり、『枕草子』は「をかし」の文学であると言われ、「をかし」は明るく知性的な情緒と言われるのに対し、「あはれ」はしみじみとした情緒と表現されます。

また、「をかし」と「あはれ」にはたくさんの意味があることをご存知でしょうか?

 

ここでは、

・いとおかしの「いと」の意味
・「をかし」の意味
・「あはれ」の意味
・「をかし」と「あはれ」の違い

についてご紹介しますので、復習も兼ねてぜひ覚えてください!
また、清少納言の「枕草子ー春はあけぼの」と紫式部の「源氏物語」の原文と口語訳も載せていますので、古文の学習の参考にしてください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

いとおかしの「いと」の意味

 

『いとをかし』『いとあはれ』は、『いと+をかし』『いと+あはれ』にわけられ、

『いと』、『をかし』、『あはれ』にはそれぞれ意味があります。

 

「いと」というのは副詞にあたり、強調するための意味を持ち、次のような意味があります。

 

  1. 非常に、とても、大変
    「をかし」に対して「とても・すごく」と、「おかし」の意味を強調するために使われます。
  2. それほどでも、たいして(打ち消す言葉を付け加えて)
    打ち消す言葉を加えることで「それほどでもない」という表現になります。

 

これは英語で言うところに『very』と同様に考えるとわかりやすいでしょう。

 

『いと』の意味一覧

 

  • とても
  • 非常に
  • すごく
  • 誠に
  • 実に
  • 大変かも
  • 大いに
  • 大変
  • ひどく
  • あまり(…ではない)
  • 全然(…でない)
  • それほど(…でもない)
  • 十分に
  • まったく
  • まさに

 

「いと」の例

 

例えば「源氏物語」の一番最初の章「桐壷」に、次の文章があります。

いとやんごとなき際にはあらぬがすぐれて時めき給ふありけり。

現代語にすると、次のようになります。

それほど高貴でない身分の方で、特に帝の寵愛を受ける女性がおりました。

ここでの「いと」は、「いとやんごとなき」の部分。打ち消す言葉は「際にはあらぬが」の、「あらぬが」の部分。

「それほど高貴な方ではない」と、女性の身分が低いということを表しているんですね。
2つの意味があるので、続く言葉に注意して意味を確認しましょう。

 

《NEXT:『をかし』の意味》

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カテゴリー
スポンサーリンク
古文
yattokeをフォローする
Yattoke! – 小・中学生の学習サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました