『平家物語 扇の的』原文と現代語訳|要点まとめ – 中学古典

目次|メニュー




『平家物語 扇の的』原文と現代語訳|要点まとめ - 中学古典

『平家物語 扇の的』原文と現代語訳|要点まとめ – 中学古典

『平家物語』(へいけものがたり)は、鎌倉時代に成立したといわれている、平家の栄華と没落を描いた軍記物語のことです。

鎌倉時代、琵琶法師(びわほうし)によって語り継がれました。

ここでは、平家物語「扇の的」についてみていきます。

源氏と平家が海ぞいで向かい合い、 平家は船の上に扇を的として立て、「当ててみろ」と挑発します。

源氏側の弓の名手・那須与一(なすのよいち)が見事に扇を射ち落とし、敵からも味方からも、称賛されたというストーリーです。

扇の的

原文

比は二月十八日酉の刻ばかりの事なるに折節北風烈しくて磯打つ波も高かりけり 舟は揺り上げ揺り据ゑて漂へば扇も串に定まらず閃いたり 沖には平家舟を一面に並べて見物す 陸には源氏轡を並べてこれを見る いづれもいづれも晴れならずといふ事なし

与一目を塞いで 南無八幡大菩薩別しては我国の神明日光権現宇都宮那須湯泉大明神願はくはあの扇の真中射させて賜ばせ給へ 射損ずるほどならば弓切り折り自害して人に二度面を向くべからず 今一度本国へ迎へんと思し召さばこの矢外させ給ふな と心の内に祈念して目を見開いたれば風少し吹き弱つて扇も射よげにぞなりにけれ 与一鏑を取つて番ひよつ引いてひやうと放つ

小兵といふ条十二束三伏弓は強し鏑は浦響くほどに長鳴りして過たず扇の要際一寸ばかり置いてひいふつとぞ射切つたる 鏑は海に入りければ扇は空へぞ揚がりける 春風に一揉み二揉み揉まれて海へさつとぞ散つたりける 皆紅の扇の日出だいたるが夕日に輝いて白波の上に浮きぬ沈みぬ揺られけるを沖には平家舷を叩いて感じたり 陸には源氏箙を叩いて響めきけり

あまり感に堪へずと思しくて平家の方より年の齢五十ばかりなる男の黒革威の鎧着たるが白柄の長刀杖につき扇立てたる所に立ちて舞ひ締めたり 伊勢三郎義盛与一が後ろに歩ませ寄せて 御諚であるぞこれをもまた仕れ と云ひければ与一今度は中差取つて番ひよつ引いて舞ひ澄ましたる男の真只中をひやうつばと射て舟底へ真倒に射倒す ああ射たり と云ふ人もあり嫌々 情なし と云ふ者も多かりけり

現代語訳

時は二月十八日、午後六時頃のことであったが、おりから北風が激しく吹いて、岸を打つ波も高かった。舟は、揺り上げられ揺り落とされ上下に漂っているので、竿の先の扇も、とまっていない。

沖では平家が、海一面に舟を並べて見物している。陸では源氏が馬のくつわを連ねてこれを見守っている。どちらを見ても、とても晴れがましい光景である。

与一は目をふさいで、
「南無八幡大菩薩、我が故郷の神々、日光の権現、宇都宮大明神、那須の湯泉大明神、願わくは、あの扇の真ん中を射させて下さい。これを射損じたならば、弓を折り、自害して、再び人に会うことはできません。もう一度本国へ迎えようとお思いになるならば、この矢を外させないで下さい。」
と心で念じながら、目を見開くと、うれしいことに風も少しおさまり、扇も射やすくなっていた。 与一は、かぶら矢を取ってつがえ、十分に引き絞ってひょうと放った。

与一は体が小さいとはいいながら、矢は十二束三伏で、弓は強い、かぶら矢は浦一帯に鳴り響くほど長く鳴り響いて、ねらいたがわず扇の要から一寸くらい離れた所をひゅーっと射切った。かぶら矢は飛んで海へ落ち、扇は空へと舞い上がった。しばらくは空に舞っていたが、春風に一もみ二もみもまれて、海へさっと散っていった。夕日が輝いているところに、真っ赤な日論の描いてある扇が、白波の上に漂い、浮いたり沈んだりしているのを、沖では平家がふなばたをたたいて感嘆し、陸では源氏が、えびらをたたいてどよめいていた。

あまりにおもしろいので、感に堪えなかったのであろうか、舟の中から、年が五十歳くらいの男で、黒革おどしの鎧を着て、白柄の長刀を持っている者が、扇の立ててあったところに立って舞いを舞った。そのとき、伊勢三郎義盛が与一の後ろに馬を歩ませ寄ってきて、

「ご命令であるぞ、射よ。」

と言ったので、与一は今度は中差を取ってしっかりと弓につがえ、十分に引き絞って、男の頸の骨をひょうっと射て、舟底にさかさまに射倒した。平家の方は音もしないほど静まりかえり、源氏の方はまたえびらをたたいてどよめいていた。
「ああ、よく射た。」と言う人もいれば、また、「心ないことを……。」と言う人もいた。

要点のまとめ

那須与一:『扇の的』の主人公で、源氏側の弓の達人。

係り結び
「ぞ・なむ・や・か・こそ」という「係り助詞」によって文末が変化する。
扇も射よげに(ぞ)なつたり(ける)
ひいふつと(ぞ)射切つ(たる)
扇は空へ(ぞ)上がり(ける)
海へさつと(ぞ)散つたり(ける)
御定(ぞ)つかま(つれ)

(「けり」が「ける」,「たり」が「たる」,「つる」が「つれ」に変化)

対句

おごれる人も 久しからず ただ 春の夜の夢のごとし
↑↓
たけき者も つひには滅びぬ ひとへに 風の前の塵に同じ

沖には 平家 船を一面に並べて 見物す
↑↓
陸には 源氏 くつばみを並べて これを見る

かぶらは 海へ 入りければ
↑↓
扇は 空へぞ 上がりける

沖には 平家 ふなばたをたたいて 感じたり
↑↓
陸には 源氏 えびらをたたいて どよめきけり

時刻
二月十八日の酉の刻ばかり→酉の刻は何時頃か…午後六時頃

どちらの勢力がどうしているのか
源氏が陸に、平家が海にいる。
平家が源氏を挑発し、扇をさおにつけた小舟を出す
源義経が那須与一に扇を射るように命令する
与一の腕前に感動して踊ったのは平家の武士
踊っている武士を射倒すように命じたのは源義経

「情けなし」の意味

「心ない」とか「情け知らずだ」

擬音語・擬声語はどの言葉か

「ひやう(ど)」「ひいふつ(と)」「さつ(と)」「ひやうふつ(と)」

「をりふし北風激しくて,~ひらめいたり。」は,どんなことを表しているか。

船の扇の的を射るには条件が悪く、的に当てるのが難しい状況。

「これを射損するものならば,弓切り折り自害して,人に二度面を向かふべからず。」から、与一がどのような気持ちでいるとわかるか。

源氏の名誉がかかっていることを意識し、命をかける覚悟でいる。

「平家の方には音もせず」とは、どのようなことか?

源氏を恐ろしく思ったため。
源氏の与一が扇を射たとき、平家の武士は敵の与一を称賛して踊ったが、源氏は踊っている人物を射るという非情な行動に出たため。