Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

詩の種類と表現技法一覧 – 口語自由詩・定型詩・叙景詩などの意味

詩の種類と表現技法一覧 - 口語自由詩・定型詩・叙景詩などの意味 国語

詩の種類と表現技法をわかりやすくまとめた一覧を紹介します。

苦手な人もいるかも知れませんが、覚えることは多くないので、それほど難しくはありません。

表現技法は、詩や短歌・俳句の単元で習うことが多いのですが、これらの技法は詩・短歌・俳句に限りませんのでしっかり覚えておくようにしましょう。

ここでは、詩の種類や各表現技法の内容を覚えやすいように、できるだけ短い説明にしてあります。

それでは見ていきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

詩の種類一覧

口語詩現代の言葉で書かれた詩。
 2文語詩昔の言葉で書かれた詩。
 3定型詩字数(音数)や句の数、配列などに一定の決まりがある詩。

五・七・五の俳句や五・七・五・七・七の短歌などは定型詩。

 4自由詩字数(音数)などに決まりがない自由な詩。
 5韻文詩短いフレーズで、韻を踏む形式の詩。
 6散文詩普通の文章のように文を書く詩。
 7叙情詩思いや感情の表現をした詩
 8叙景詩自然の風景を表現した詩
 9叙事詩歴史上の出来事や伝説、人物などを表現した詩。

 

詩の種類の分類

言葉による分類

口語詩・文語詩

形式による分類

自由詩・定型詩・散文詩

内容による分類

叙情詩・叙景詩・叙事詩

 

詩の表現技法一覧

表現技法説明
1比喩
(ひゆ)
  1. 直喩(ちょくゆ)
    「~のように」~ようだ」「~みたいだ」「~ごとく」などを使い、たとえであることを明示した比喩
  2.  隠喩(いんゆ)
    「~のように」などの、たとえをを使わない比喩
2体言止め文の終わりを体言(=名詞)で止める。
3擬人法
(ぎじんほう)
人間でないものの様子を人間の動作のように表現する
4対句
(ついく)
 対照的な二つの言葉を並べる
5倒置法
(とうちほう)
言葉の順序を逆にする
6反復法同じ語をくり返す
7呼びかけ人などに呼びかけるような言葉や表現
8省略言葉を省く
9押韻
(おういん)
文の初め(頭韻)や文の終わり(脚韻)に同じ音(おん)を並べる

詩の種類と表現技法の要点まとめ

『詩の種類と表現技法一覧』を紹介しました。

以下にまとめたものがありますので、おさらいしていきましょう。

詩の種類と分類は

  1. 口語詩‥言葉による分類
  2. 文語詩‥言葉による分類
  3. 定型詩‥形式による分類
  4. 自由詩‥形式による分類
  5. 韻文詩‥形式による分類
  6. 散文詩‥形式による分類
  7. 叙情詩‥内容による分類
  8. 叙景詩‥内容による分類
  9. 叙事詩‥内容による分類
チェック

上記の種類の分類を組み合わせてを合わせて、「口語自由詩」「文語定型詩」「文語散文詩」などということがあります。

  • 口語自由詩-現代の言葉で自由な形式の詩。
  • 文語自由詩-古い時代の言葉で自由な形式の詩。
  • 口語定型詩-現代の言葉で一定の形式の詩。
  • 文語定型詩-古い時代の言葉で一定の形式の詩。

 

詩の種類と意味

口語詩 = 現代の言葉

文語詩 = 古い言葉

自由詩 = 形式が自由

定型詩 = 語数が決まっている(五・七・五など)

散文詩 = 普通の文章

叙情詩 = 心情

叙景詩 = 景色

叙事詩 = 事件を叙述する

 

表現技法

比喩(直喩・隠喩) = たとえ

直喩 = 「ように」を使う

隠喩 = 「ように」を使わない

擬人法 = 人でないものを人間にたとえる

倒置法 = 言葉の順序を通常と入れ替える

体言止め = 文末を体言(名詞)で止める

対句 = 対照的な語を並べる

反復 = 繰り返し

 

叙景詩と叙情詩を分類するときは注意が必要です。

自然の風景や風物を表す語句があるからと言って叙景詩とは限りません。作者の心情が中心にうたわれている詩かどうかをしっかり判断することが大切です。

コメント