頻出『ことわざ』120選一覧!中学受験・試験によくでる! | Yattoke!

頻出『ことわざ』120選一覧!中学受験・試験によくでる!

目次|メニュー




中学受験・試験頻出!『ことわざ』100選一覧

中学受験・試験頻出!『ことわざ』120選一覧

中学受験やテスト/試験、高校受験にも使える重要なことわざを120個集めてまとめました。

これらのことわざは、これから耳にすることも多くなりますし、使うことも出てくると思います。

有名なことわざばかりなのでしっかり覚えることをオススメします。

それでは始めましょう。

目次

1. 猿も木から落ちる

さるもきからおちる

どんなに得意なものでも時には失敗するとこがあるということ。

2. かわいい子には旅をさせよ

かわいいこには たびをさせよ

我が子が可愛いなら、自分の手元に置かず世の中のつらい経験をさせて、世の中のことを勉強させるべきだということ。

3.  三日坊主

みっかぼうず

長続きせず、すぐにものごとにあきてしまう人のこと。

4. 塵も積もれば山となる

ちりもつもれば やまとなる

ほんの小さなものでもたくさん集まれば、大きなものになるというたとえ。

5. 切磋琢磨

せっさたくま

人がおたがいに励ましあって学問、教養、道徳を向上すること。

6. 猫に小判

ねこにこばん

物の価値がわからない者に高価な物を与えても無駄であるということ。

7. 覆水盆に返らず

ふくすいぼんにかえらず

一度してしまったことは取り返しがつかないこと。

8. 能ある鷹は爪を隠す

のうあるたかはつめをかくす

優れた実力や才能のある人物は、その実力を見せびらかさないということ。

9. 類は友を呼ぶ

るいはともをよぶ

同じような性質や趣味を持った者は、自然と集まるということ。

10. 知らぬが仏

しらぬがほとけ

知れば腹が立ったり悲しんだりするようなことでも、知らなければ平静な心でいられるということのたとえ。

11. 棚から牡丹餅

たなからぼたもち

思いがけない幸運に巡り合うこと。

12. 笑う門には福来る

わらうかどには ふくきたる

いつも明るくにこにこしている人の所には自然と幸福がやってくるということ。

13. 蒔かぬ種は生えぬ

まかぬたねははえぬ

何もしていないのに、いい結果が出るわけがないというたとえ。

14. 災い転じて福となす

わざわいてんじてふくとなす

災難や厄介ごとが一転して幸福に転じること。

災難を、うまいく活用して、自分に役立つものとして利用すること。

15. どんぐりの背比べ

どんぐりのせいくらべ

どれもこれも似たり寄ったりで、どれも代わり映えのしないこと。

16. 聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

きくはいちじのはじ、きかぬはいっしょうのはじ

知らないことを他人に聞くのは、恥ずかしいと思っても、聞かなければ一生知らないまま過ごすことになるので、そのほうが恥ずかしい。

17. 楽は苦の種 苦は楽の種

らくはくのたね くはらくのたね

楽をすればあとで苦労をすることになり、反対に苦労した後には楽がある。

18. 横槍を入れる

よこやりをいれる

他人の話や仕事に、口を出して妨げること。

19. 焼け石に水

やけいしにみず

焼けた石に少しだけ水をかけても冷やせないように、少しの努力や援助ではまったく役に立たないこと。

20. 薮から棒

やぶからぼう

藪から突然棒が飛びだした時のように、前置きや前触れが無く、突然ものごとをすること。

21. 急がばまわれ

いそがばまわれ

急ぐときは近道よりも、遠くても安全な道を選ぶほうが結局早いということ。

22. 初心忘るべからず

しょしんわするべからず

何ごとも、始めた時の真剣な気持ちを忘れてはいけないということ。

23. 井の中の蛙大海を知らず

いのなかのかわずたいかいをしらず

せまい井戸の中に住む蛙(かえる)は、そこが全世界だと信じ、大きな海があることを知らない。自分のまわりのせまい範囲をゆい一の世界と思い、いい気になること。

24. 馬の耳に念仏

うまのみみにねんぶつ

馬に念仏をきかせても、馬はいっこう気にとめないところから、人の話が耳にはいっても全然分からないこと。また、無知なために、高尚なことを聞いても、いっこうに理解できないことのたとえ。

25. 千里の道も一歩から

せんりのみちもいっぽから

どんなことも、着実に努力を重ねていけば成功するということ

26. 犬も歩けは棒にあたる

いぬもあるけばぼうにあたる

出歩いていると(やってみると)思わぬ幸運にぶつかることもある、ということ。また、あまり出しゃばると痛い目にあう、ということ。

27. 好きこそ物の上手なれ

すきこそもののじょうずなれ

人は好きなものに対しては熱心に努力するので、上達が早いということ

28. 親しき仲にも礼儀あり

したしきなかにもれいぎあり

どんなに親しい間がらであっても、守るべき礼儀があるということ

29. 一銭を笑う者は一銭に泣く

いっせんをわらうものはいっせんになく

わずかな金額であっても、お金を粗末にしてはならない

30. とらぬたぬきの皮算用

とらぬたぬきのかわざんよう

手に入るかどうかもわからないものに期待して、計画をねること

31. 三つ子の魂百まで

みつごのたましいひゃくまで

三歳までの子供の魂は、百歳になってもそのままであること。持って生まれた性格はいつまでも変わらないこと。

32. 二兎を追う者は一兎をも得ず

にとをおうものはいっとをもえず

二匹の兎を同時につかまえようとよくばると、一匹もつかまらない。同時に二つの違ったことをしようとすれば、どちらも成功しないということ。

33. 出る杭は打たれる

でるくいはうたれる

高く出たくいは、高さがそろうまでたたかれる。とびぬけた行ないをする者や、才能をあらわす者は、他から憎まれたり、嫌われたりするということ。

34. 悪銭身につかず

あくせんみにつかず

悪い手段で得たお金は、つまらないことに使ってしまい残らないものだ

35. かっぱの川流れ

かっぱのかわながれ

名人や達人であっても、油断して簡単な失敗をすることがあるということ

36. 石橋をたたいて渡る

いしばしをたたいてわたる

用心の上にさらに用心を重ねるように行動する

37. 善は急げ

ぜんはいそげ

良いと思ったことは、ためらわずただちに実行するべきだということ

38. 急いては事をしそんじる

せいてはことをしそんじる

あわてると失敗しやすい、ということ。

39. 三人寄れはもんじゅの知恵

さんにんよれはもんじゅのちえ

三人集まればすぐれた考えが浮かぶ、ということ。

40. 大は小をかねる

だいはしょうをかねる

大きいものは小さいものの代わりもするから、大きい方が小さいものより役に立つ、ということ。

41. 馬子にも衣装

まごにもいしょう

どんな人でも美しく着飾れば、りっぱな人間に見えるものだ、ということ。馬子は馬に人や物をのせて運ぶ人。

42. たで食う虫も好き好き

たでくうむしもすきずき

人の好みはそれぞれで、ずいぶんと違いがあるということ

43. 腹が減っては戦ができぬ

はらがへってはいくさができぬ

お腹がすいていては、よい仕事ができないということ。仕事をする前には、しっかりと下準備をしておくように、ということ。

44. 鉄は熱いうちに打て

てつはあついうちにうて

鉄は熱いうちに打つからこそいろいろな形になる。人間も、まだその精神が柔軟なうちにきたえよ、ということ。また、物事はまだ関係者の熱意がさめないうちに手をうつべきである、という意味もある。

45. 朱に交われば赤くなる

しゅにまじわればあかくなる

人は、つきあう人に影響されてよくも悪くもなる。

46. 縁の下の力持ち

えんのしたのちからもち

人の目につかないところで、他人のために苦労や努力をすること。また、そのような人

47. 身から出たさび

みからでたさび

自分の犯した言動が原因で、苦しんだり災いを受けたりすること

48. 水と油

みずとあぶら

まったく異質(いしつ)なこと。たがいに溶け合わないことのたとえ。性質や性格が正反対で、おたがいに一致せず調和しないこと。

49. 嘘つきは泥棒の始まり

うそつきはどろぼうのはじまり

嘘をつきはじめるとそれが平気になり、泥棒をしても恥と思わなくなる、ということ。

50. 案ずるより産むがやすし

あんずるよりうむがやすし

始める前はあれこれ心配をするものだが、実際にやってみると案外たやすくできるものだ

51. 後は野となれ山となれ

あとはのとなれやまとなれ

目先のことさえ解決できれば、後はどうなってもかまわない

52. ふんだりけったり

何度もひどい目にあうこと

53. 思い立ったが吉日

おもいたったがきちじつ

何かをしようと決意したら、そう思った日を吉日としてすぐに取りかかるのが良い

54. 虫のいどころが悪い

むしのいどころがわるい

わずかなことにも怒りっぽく、ふきげんなことをいう

55. 石の上にも三年

いしのうえにもさんねん

つらくても辛抱して続ければ、いつかは報われる

56. 早起きは三文の徳

はやおきはさんもんのとく

朝早く起きれば、健康にも良いし、仕事や勉強がはかどったりするので得をする

57. 背に腹はかえられぬ

せにはらはかえられぬ

大事なことのためには、他のことをぎせいにするのはやむを得ないということ

58. 雨ふって地固まる

あめふってじかたまる

もめ事の後は、かえって安定した状態を保てるようになる

59. 医者の不養生

いしゃのふようじょう

人にはりっぱなことを言っているが、自分では実行が伴わないこと。

60. きじも鳴かずばうたれまい

きじもなかずばうたれまい

よけいなことを言ったばかりに、自ら災いを招くこと

61. 海老で鯛を釣る

えびでたいをつる

小さな投資や労力で大きな利益を得ること

62. 親の七光り

おやのななひかり

権力を持つ親の子どもがその恩恵を受けること

63. 光陰矢のごとし

こういんやのごとし

月日の経つのがとても早いこと

64. 一寸先は闇

いっすんさきはやみ

これから先のことはどうなるのか、まったく予測できない

65. 一寸の虫にも五分の魂

いっすんのむしにもごぶのたましい

弱い者にも、考えや意地がある

66. うわさをすれば影

うわさをすればかげ

人の噂をしていると、ちょうどそこへ噂の本人が現れることがある

67. 鬼に金棒

おににかなぼう

強い者が何かを得て、さらに強くなること

68. かえるの子はかえる

かえるのこはかえる

子の性質や能力は親に似るものだということ

69. 弘法にも筆の誤り

こうぼうにもふでのあやまり

どんな名人・達人にも、時には失敗することがあるということ

70. 枯れ木も山のにぎわい

かれきもやまのにぎわい

つまらないものでも、無いよりはましであるということ

71. 触らぬ神にたたりなし

さわらぬかみにたたりなし

かかわり合いさえしなければ、余計な災いを受けることもないということ

72. 鬼の目にも涙

おにのめにもなみだ

心が冷たい人間でも、ときには同情やあわれみを感じて涙を流す

73. 親の心子知らず

おやのこころこしらず

親の子に対する深い愛情がわからず、子が勝手気ままにふるまうこと

74. 木を見て森を見ず

きをみてもりをみず

小さいことに気を取られて、全体を見失うこと。

75. 住めば都

すめばみやこ

どんな場所であっても、住みなれれば都と同じように住み心地がよいということ

76. 転ばぬ先の杖

ころばぬさきのつえ

何かを始める前には、失敗しないように準備や用意をしっかりするのがよい

77. 臭い物にふたをする

くさいものにふたをする

都合の悪いことが他にもれないように、かくすこと

78. 口はわざわいの元

くちはわざわいのもと

うっかりしたことを言い災いを招くことになるから、言葉は十分につつしむべきだということ

79. 亀の甲より年の功

かめのこうよりとしのこう

年長者の経験は貴重であり、尊重すべきものだということ

80. おぼれる者はわらをもつかむ

おぼれるものはわらをもつかむ

人はとても困ったとき、まったく頼りにならないものにまで必死にすがろうとする

81. 帯に短したすきに長し

おびにみじかしたすきにながし

中途半端で役に立たないこと

82. とらの威を借るきつね

とらのいをかるきつね

権力のある者に頼って、いばる小者のこと

83. 長い物には巻かれよ

ながいものにはまかれよ

力のある者には従ったほうが得策である

84. 年寄りの冷や水

としよりのひやみず

老人が危険なまねや、出すぎた振るまいをすること

85. 立つ鳥あとをにごさず

たつとりあとをにごさず

立ちさる者は、きれいに始末をしていくべきということ

86. ぬかにくぎ

やわらかい糠(ぬか)に釘を打つように、何のきき目も手ごたえもないこと

87. とうふにかすがい

とうふにかすがい

手ごたえやきき目が、まったく無いこと

88. 飛んで火にいる夏の虫

とんでひにいるなつのむし

自ら進んで危険や災難に飛び込んでいくこと

89. 泣きっ面にはち

なきっつらにはち

不運・不幸が重なること

90. 備えあればうれいなし

そなえあればうれいなし

ふだんから準備をしておけば、いざというとき心配がないということ

91. 時は金なり

ときはかねなり

時間はお金と同様に貴重なものだから、決して無駄にしてはいけない

92. とびがたかを生む

とびがたかをうむ

平凡な親からすぐれた子供が生まれること

93. 憎まれっ子世にはばかる

にくまれっこよにはばかる

人から憎まれるような者ほど、ぎゃくに世間では幅をきかせるものである

94. 七転び八起き

ななころびやおき

何度失敗しても、あきらめずに立ちあがること

95. ぶたに真珠

ぶたにしんじゅ

値打ちがわからない者には、どんなに価値のあるものを与えてもむだである

96. のれんに腕押し

のれんにうでおし

何のはり合いも手ごたえもないこと

97. 情けは人のためならず

なさけはひとのためならず

人に情けをかけるのは、その人のためになるばかりでなく、やがては自分に返ってくる

98. のどもと過ぎれば熱さを忘れる

のどもとすぎればあつさわすれる

苦しいことも過ぎてしまえば、その苦しさや恩も簡単に忘れてしまうということ

99. 早起きは三文の徳

はやおきはさんもんのとく

朝早く起きると良いことがあるということ

100. ない袖は振れぬ

ないそではふれぬ

実際に無いものはどうしようもないということ

101. ぬれ手に粟

ぬれてにあわ

何の苦労もしないで多くの利益を得ること、骨を折らずに金をもうけること

102. 人のうわさも七十五日

ひとのうわさもしちじゅうごにち

世間であれこれうわさをしていても、それは長く続かず、やがて自然に忘れ去られてしまうものだ

103. 念には念を入れよ

ねんにはねんをいれよ

用心の上に、さらに用心を重ねよということ

104. 火のない所に煙は立たぬ

ひのないところにけむりはたたぬ

うわさが立つのも何か理由があるということ

105. ひょうたんから駒が出る

ひょうたんからこまがでる

思いもかけないことやありえないことが起こること。また、冗談半分で言ったことが現実になること

106. 百聞は一見にしかず

ひゃくぶんはいっけんにしかず

百回聞くよりも、たった一度でも自分の目で見たほうが確かだということ

107. 花より団子

はなよりだんご

風流よりも実益、外観よりも実質を重んじることのたとえ

108. 人のふり見て我がふり直せ

ひとのふりみてわがふりなおせ

他人の行動を見て、良いところは見習い悪いところは改めよということ

109. 骨折り損のくたびれもうけ

ほねおりぞんのくたびれもうけ

苦労するばかりで利益はさっぱりあがらず、疲れだけが残ること

110. 桃栗三年柿八年

ももくりさんねんかきはちねん

芽が出て実がなるまでに、桃と栗は三年、柿は八年かかるということ。また、何事も成しとげるまでには年月が必要だというたとえ

111. 柳の下のどじょう

やなぎのしたのどじょう

一度柳の木の下でどじょうを捕まえたからといって、いつも柳の木の下にどじょうがいるとは限らないことから、一度うまくいったからといって、いつもうまくいくものではないというたとえ。

112. 仏の顔も三度まで

ほとけのかおもさんどまで

どんなに温厚な人でも、何度も無礼なことをすれば怒り出す

113. 安物買いの銭失い

やすものがいのぜにうしない

値段が安いものは品質が悪いので、買い得と思っても修理や買い替えで高くつくということ

114. 弱り目にたたり目

よわりめにたたりめ

困っているときに、さらに災難が重なること。不運が重なること

115. 楽あれば苦あり

らくあればくあり

楽しいことがあると、その後に必ず苦しいことがあるという教え

116. 論より証拠

ろんよりしょうこ

口先で議論を重ねるよりも、証拠を出したほうが明確になるということ

117. 待てば海路の日和あり

まてばかいろのひよりあり

今は状況が悪くとも、あせらずに待っていれば幸運はそのうちにやってくるということ

118. 渡る世間に鬼はなし

わたるせけんにおにはなし

世の中には無慈悲な人ばかりではなく、親切な人もいるということ

119. 渡りに船

わたりにふね

困っているときに、ちょうどよく助けになる人や環境に恵まれること

120. 良薬は口に苦し

りょうやくはくちににがし

自分のためになるような忠言は、素直に聞きづらいものだというたとえ

以上

試験やテストに頻出することわざ/諺を120個紹介しました。

知っているものもたくさん有ったと思います。有名なことわざばかりなのでしっかり覚えておきましょう。